取水場新築工事
         前工事・安全祈願祭


 
現在使用中の余市川水系の取水場は、昭和27年に建設され、建物的にはかなり古い建物です。
   
 今回、あゆ見橋立て替えに伴い、新築されますが、新しい施設が完成し、正常に作動が確認されるまで、この取水場は使用されます。

他の図面等を見る
 これらの写真は6月6日に撮影しましたが、8日が安全祈願祭のための整地がされていました。まだ、テント等は設置されていませんでした。

  取水場は、普段は金網のフェンスで囲まれており、出入り口には施錠と警告看板が設置されています。
 下の写真は今回の工事現場の全景です。赤いバックホーの左に黒いフェンスが見えていますが、このフェンスに左写真の警告版があります。

安全祈願祭 平成14年6月8日・土曜日 快晴
 今回の安全祈願祭は、建設業者の主催で行われましたが、正副議長・監査委員の他、所管である産業建設常任委員会のメンバーが案内をうけました。理事者側では、町長以下、水道課の職員が参列をしました。


 安全祈願祭の会場ですが、入口を入り
まず、前室があります。
 そして、式場に入る前に手を洗い入室し
ます。
 下の写真に手桶があり、ここで、水を掛
けてもらい半紙で拭いて入室です。
  式場ですが、祭壇の所だけ、紫の幕が
回されており、それ以外は赤の幕が回さ
れています。

  参列者が全員着席して、始まりです。まず、神主から全員、お祓いを受けます。 その後、各儀式を執り行います。



 全祈願祭は、一般的に地鎮祭と呼ばれ、次のような次第で進められます。
手水の儀(てみずのぎ)
    入口に用意された手水桶(ちょ
   うずおけ)から柄杓で水を注ぎ、
   手を   洗い、 口をすすぎ、白
   紙で手をふく。

修祓(しゅばつ) 神官によるお祓い。
降神(こうしん)
献饌(けんせん)
大祓詞奉唱(おおはらいしほうしょう)
祝詞奏上(のりとそうじょう)
清祓(きよはらい)
地鎮の儀(じちんのぎ)
    苅初の儀(かりそめのぎ)
        −カマ、設計者が行う
    地曳の儀(じびきのぎ)
        −スキ、建主が行う

    穿初の儀(うがちぞめのぎ)
        −クワ、施工者が行う
玉串奉奠(たまぐしほうてん)
撤饌(てっせん)
昇神(しょうしん)

退下(たいげ)

余市町議会野呂議長による玉串奉奠   余市町安宅監査委員による玉串奉奠

 安全祈願祭では、地域の代表者にも案内がされ山田町区会から、区会長が出席されました。最後は、お神酒を頂いて終了です。

 今回の祈願祭では、参列者に粗品として、紅白饅頭が配られました。今回の工事は、三井建設と地元の和田建設との組み合わせであり、その関係でしょうか?和田建設さんの、向かいの一力屋菓子店さんのものでした。



 今回の写真撮影には、建設業者である、
三井建設株式会社札幌支店さんに、全面的にご協力頂きました。また、掲載写真の一部につきましては、地元の和田建設工業株式会社さんより、提供頂きました。ありがとうございました。