他の町角写真を見る
街角ショット 平成30年2月5日UP
       ☆空き家の落雪☆

 2月に入り、日出の時間も早くなってきました。ちなみに、朝に除雪をしていますが、日出の時間帯が、もっとも回りが見えづらくなります。みなさん、注意して除雪をしましょうね。

 2月2日、朝の7時でしだが、この日は朝焼けもまぁまぁ〜というか、山が太陽で照らし出されて、また、月も綺麗に見える時間帯でした。 
 
 綺麗に見える分、冷え込みも厳しいのですが、春も近い・・・ですね。

 さて、2月5日の午後、消防車がサイレンを鳴らして走って行きました。タンク車が無いので、火災ではないなぁ。と思いました。で、確認をしたら、『屋根からの落雪』でした。
 
 幸い、歩いていた人もおらず、また、雪の量としても、さほどでも無かったのですが、町道をふさいでいました。
 数年前から空き家だったそうで、昨日、今日と日中の気温が高くなったので、屋根から滑り落ちた。という事です。
 消防・警察・役場と来ており、ケガ人もいない。という事で、道路の雪を取り除いて、完了〜という事となりました。
 
 
 さて、この度の全国的な寒波で、北陸地方では空き家での水道凍結による、配管破裂による漏水から、地域全体が断水になっている。という事でした。
 北海道では、この手の漏水は、あまり聞いた事が無いのですが、余市町でも空き家も増えて来ていて、様々な問題を引き起こしているのが実態です。
 空き家によって管理が出来ずに、隣近所への迷惑、また、通行に支障が出ている。という事で、自分の知っている範囲としては、町内では4件ほど、その情報があります。
 国も、また、地方自治体も頭が痛い問題であり、正直、『いかんとも出来ない』というのが実態なのでしょうが・・・
 1月末に、総合計画の後期見直しの特別委員会があり、その中で、自分はこの問題の指摘をしましたが、明確な方針というか解決策は出されていません。そして、この問題は、今後、さらに増えて来ると思っています。
 今回は、ケガ人等はいませんでしたが、通学路という事と、また、学校の帰宅時間帯でもあった事から、もし、ケガ人が出た場合は・・・
 
 早急に、そして、みなさんが納得出来る解決策を見出していかなければならないと考えています。