他の町角写真を見る
街角ショット 平成29年8月17日UP
      
☆会津若松市とのジュニア交流会☆

 今年の夏休みは、涼しい夏休みとなっています。
 会津若松市では、藩校日新館の時代から、青少年の育成に力を入れており、現在では、ジュニアリーダーを育成する目的で県外研修が行われているそうです。そして、今年は、研修先として北海道内各地で余市町も選ばれ、8月16日、一行30名が余市町を訪問しました。

 一行は会津から新潟に出て、フェリーに乗船。前日のお昼頃に新潟を出発。16日の午前4時に小樽に到着しました。
 そして、午前9時には、美園町の町営墓地に到着。『会津藩士の墓』の参拝となります。
 
 到着して、挨拶があって、その後、墓地を登ります。遠くは無いけれども、いゃ〜、キツイですねぇ。そして、全員で二礼二拍手で参拝です。
 ちなみに、ここは、神道なので線香は不要です。
 
 『墓』と言っても、現実的には、埋葬されておらず、元々は、いわゆるモニュメントとして建てられたものが会津藩士の墓という事で、少し移動して、この墓地から見える風景もまた、会津藩の歴史にかかわる事がたくさんあります。

 さて、参拝を終わって、次は、『緋の衣』リンゴの原木の見学という事で、ここのガイドは自分がしましたぁ〜
 
 原木を見ながら、また、プレートも用意して、リンゴにまつわる説明をしました。

 昨年、作成した幟もしっかり掲揚しておきましたょ〜 
 
 その後、ニッカ工場の見学と昼食。午後からは会場を中央公民館に移して、余市町の小学生と交流会の開催です。

 対応したのは、余市町の町子連という事で、まぁ、各学校の子ども会の連合組織で、会津からの子どもたちは、会津市子連さんが、選抜をして、来ていました。

 会場には、町内の小学校から選抜された子どもたちが待っていて、また、班に別けられて、それぞれ交流をする。というものでした。
 
 嶋町長の挨拶から始まって、会津の子供たちの代表の挨拶、次には、各団体どうしの記念品の交換という事でした。
 

 
 次は、余市町教育委員会の学芸員による、会津・余市の歴史という事で、大人の方は、ある程度の余市入植の経過を知っているのでしょうが、子どもたちは・・・知らない事が多いでしょうね。

 残念ながら、自分は次の予定が入っていたので、この後の写真はありませんが、予定では、余市宇宙記念館を見学して、宿泊。
 翌日以降は江別、旭川、洞爺、函館、苫小牧と回り、20日に会津に帰る予定となっています。
 うーん、かなりハードな日程だと思いますが・・・この旅が、良い想い出となる事を祈念致します。