他の町角写真を見る
街角ショット 平成28年11月14日UP
     ☆平成28年、原子力防災訓練☆

 毎年、この時期に実施されている、原子力防災訓練。今年も開催されました。

 

 日曜日の午前11時30分頃、避難情報がエリアメールとして、携帯等に送信されましたが、訓練は11月13日の日曜日の朝から実施されていました。
 泊発電所がある、後志全域の市町村も、町長以下、役場幹部と担当課は、休日出勤して、対応していました。

 
 と、いう訳で、二日間にわたり、エリアメールが届いていましたが・・・一斉に携帯が鳴るので、あっちこっちで、一斉音でしたねぇ・・
 
 役場での防災会議は、町内の避難状況を、担当ごとに、町長に報告していて、町長が再度の指示を出しています。まぁ・・・訓練というか、シナリオ通りなんですがねぇ・・・

 過去の訓練では、余市町からもバスが出て、避難をして・・・まぁ、バスに乗って、避難先まで行って、帰って来る。という事でしたが、今年の余市町は、避難バスは出動しませんでした。
 
 と、いう訳で、余市町としては、13日は、これ以上の動きはありませんでした。

 さてさて、13日は
大潮で「スーパームーン」という事で、月が大きい一日で、また、綺麗な月が出ていました。

最大望遠のデジタル100倍でシャッター速度は1000で撮影です〜


 日付変わって14日となりました。10時過ぎに、まず、道の駅に行ってみました。
 
 すでに除染作業の準備が整っていて・・・
 
 泊村からはスクールバスが到着していました。
 
 宇宙記念館前と、消防署の裏の所にも、シートが引かれていて、ここで 車の除染をするそうですが・・・・

 さて、11時には、ニッカウヰスキー余市工場がメイン会場になりました。
 
 道議会の総務委員会も同行視察のようで、バス3台が到着。その他に報道多数、内閣府、北海道、余市町からも来ていて、いゃ〜、人・人・人です。
 そして、まもなくして、高橋知事も到着。嶋町長も地元の町長として、一番前で見ていまた。
 
 外国人の観光客方の避難という事で、外人さんの団体さん?20名くらいが列を組んで、待機していて、時間になると・・・各国の言語で書かれた案内板を出して、英語、中国語?の放送なのか、肉声なのかは、よく、解りませんでしたが、とりあえず、言葉で説明されて、その後、移動してバスに乗車〜、どこに避難したんでしょうかねぇ・・・
 
 本日の道議会は総務委員会という事で、地元道議の市橋道議も同行されていました。で、町長とのツーショットを写したのですが・・・うーん、シャッターのタイミングが悪かったよねぇ・・・町長、ごめんなさいm(__)m

 ニッカの方は、11時半頃に終了。次は・・陸上競技場に、避難者を乗せたヘリが着陸する。という予定となっていました。
 で、時間になると消防車がサイレンを鳴らして到着〜
 
 ヘリから降りた避難者を乗せるために、バスも待機していたのですが・・・大型バスで、何名、乗るのかなぁ・・・
 消防車は、風向きを示す、吹き流しを出しています。
 
 で、参観者車両駐車場に、当家の温泉の駐場を提供。時間になって、バス3台到着です〜
 バスの参観者は100名ありまで、道議会総務委員会のメンバーの他、有識者、他のようでした。そして、バスとは別に、報道各社(ニッカの時よりは、全然少なかったです)、反原発の市民団体の方と、それなりで、バスの他に、数台の車を停車させました。路上駐車はマズイからねぇ・・
 
 ・・・余市の消防は、ホースを出していましたが・・・「なぜ??」。土のグランドなので、放水をして、土が舞わないようにする?・・・でも、雪解け後だから、湿っていたけれどもねぇ・・・不測の場合を考えて、用意していたのかねぇ・・・

 訓練だから、時間通りに、ヘリが到着。神恵内村からの避難者のようですが・・・
 
 軍用ヘリという事で、大型?のようで、左下の写真で画面上に散らばっているのは、落ち葉です〜で、無時、到着!今日は天気が良かったので、チョットした空の散歩だったでしようねぇ〜ちなみに、全員、マスクをしています。
 え?避難者は・・・6名?これで、大型バス1台とは・・・
 
 で、無時、任務完了!となったのですが・・・・実は事件が・・・

 バスの駐車場の件は、事前に余市町より申し入れがあって、この時に、「陸上競技場のトラックは、雨と雪で、足場が悪いので、通路にベニア板をひいたら?」と言っておきました。ちなみに、このグランドでは、サッカーもするのですが、中央の芝生の上に行くときには、ベニアがひかれて、この上を、みんな、歩いています。
 そうでないと、濡れた所が穴になって、乾いたら、ガタガタになってしまいます。そう助言しておいたのですが・・・

 当日になっても、その設置は無く、役場職員も来ていたので、それを話すと・・・また、当日、連絡員として来ていた自衛隊員とも話した結果『風圧で、ベニアが飛ぶ危険がありますので、着陸後、ローターの回転数が落ちてから、しいてはどうでしようか?』と提案を受けました。
 という訳で、その通り、着陸後、ローターの回転数が落ちてから、自分も手伝って、ベニアをひきました。
 右上の写真の通り、避難者は、その上を歩いてくれていました。ちなみにドロドロになった靴で、帰りのバスに乗り込んだら・・・バスの運転手さんも(;;)でしようね・・

 
 で、「ホッ」としていたら、『離陸するので、ベニア撤去!』との事で、再び、アセアセでベニア板を撤去しました。左上の通り、ベニアは無時、撤去したのですが・・・こっちは、汗だくですよ。なんで、俺がやらなきゃダメなの?スボンもドロドロになったじゃん!!くそ〜、北海道にクリーニング代金の請求をしてやるかな!!

 無事、ヘリコプターは離陸しましたが、うーん、軍用ヘリコプターなのか、大人数が乗れる大型ヘリだからなのかは、わかりませんが、7月に行われた博物館からの救助訓練の時より、風圧は強かった・・・ようですね。

 と、陸上競技場のヘリ発着は終了〜という事で、移動して・・

 宇宙記念館前でも、放射能検査をやっていたようですが・・・外の方は、終わったのかなあ・・・・・
 
 道議会・総務委員会の小樽市選出の菊地道議と、札幌豊平区選出の大越道議。総務委員会の女性議員という事で、「自分のネットに載せますので〜」と言って、写させて頂きました。遠路、ごくろうさまでした。

 
 車両の除染・・・という事で、タイミグよく、バスが入って来ていましたぁ〜 ふーん、こういうようにやるんですねぇ〜
 
 宇宙記念館の中でも、放射能検査をやっていて・・・それを取材しているテレビ局も・・・ご苦労です!!
 
 宇宙記念館の内部での検査は、二階から見学が出来ました。

 と、以上、hirokazuネットの取材でしたぁ〜

 さて、さて、本日は、超スーパームーンの日という事で・・・100倍じゃあ、枠からはみ出てしまいます!!


 「月に代わってお仕置きよ!」は、懐かしいフレーズですが・・・人類にとって、原子力が平和で平穏にありますように・・・