他の町角写真を見る
街角ショット 平成27年9月11日UP
       ☆栄町のお祭り☆

 「栄町でお祭りがあるよ」との情報を得て、行ってみました。
 各地の神社では、それぞれの日程でお祭りが行われているのでしょうが、まぁ、早い話、大人だけでやっているものと思っていました。
 そんなわけで行ってみましたが・・・・

 まず、栄町には、海側に稲荷神社、山側に栄町神社の二つの社があり、それぞれの地域で、御守をしているのが、栄町の特徴です。おそらく、産業別に別けられていたのかなぁ・・・とも思っています。

 まずは、稲荷神社の方が、国道から近いので・・・・

 
 行って見ると、地域の方が、上を見上げて・・・なんと、屋根軒下の一番高いところに、スズメ蜂の巣が・・・いゃ〜、かなり大きいです。
 駆除を依頼しましたが、とりあえず、11時に子どもたちが出ていってから処理をするようになりました。

 

 さて、場所を移動して、栄町小学校まで行くと・・・自然豊かなところは、色々と出ているんですねぇ・・・
 

 
 トラックもお祭り仕様に作られていて、また幟もありましたが、これは、以前から使っていたようですね。
 
 体育館に入ると、神輿が二つ用意していました。左の方が栄町神社、右が稲荷神社で、10時になったら、余市神社の宮司が来て、お祭りの祝詞を挙げました
 
 参加者で玉串を捧げて、神事は終了しましたが、学校の中で、このようにやっているのは、かなりの昔からやっているそうです。
 ちなみに、栄町が開拓されたのは、明治40年前後のようですが、海岸部は、フゴッペ洞窟があるように、太古の時代から、人がある程度は住んでいたのでしょうねぇ〜
 
 本年度で廃校となる栄小学校。校舎としては、まだまだ立派な校舎であって、廃校後は・・・さて、どういう活用をするのかが、問われて来るでしょうねぇ。

 
 無くなるものもあれば、新たに出来上がるものも・・・高速道路も、だいぶ伸びて来ています。先日の新聞ではフゴッペトンネルが開通した。と出ており、本当に、まもなく開通ですね。

 
 さて、小学校から移動して稲荷神社の前に来ました。栄町小学校の生徒数は・・・わずか5名ということで、運搬は・・・保護者の方の仕事のようです。
 
 稲荷神社の前に鎮座をさせて・・・
 
 その後、移動ですがご祝儀を頂いたところでは、神輿が上がります。うーん、6月の余市神社の例大祭のときに、回るものだと思っていますが・・・地域が違えば、やり方も違うんですねぇ。
 
 その後、国道まで出て、栄町の住所の所を回るようです。
 生徒が不在となれば、学校としては存在する意義は無いのですが、やはり、田舎に行けば、田舎ほど、地域と学校との繋がりは強い。という事になります。この地域の強さがあれば、余市町ももっと発展して行くと思っています。
 ちなみに、写真は10日撮影して、10日の夕方にそれぞれの神社で神事があったのですが、残念ながら仕事の関係で、撮影には行けませんでした。
 お祭りは、10日・11日の両日、行われたそうです。