他の町角写真を見る
街角ショット 平成26年10月24日UP
     ☆平成26年10月の余市町U☆

 なかなか忙しく、アップ出来ませんが・・・取りためていた写真をまとめてUPします〜

10月13日・月曜日の祝日に、宇宙記念館主催の第3回、ペットボトルロケット大会が、陸上競技場で開催されていました。
 
 作成は子どもたちですが、水入れ・発射台にセット・空気の充填は係りの者がやることになっていて、水は500ccという事で通常のペットボトルから入れられます。
 

 
 多くの保護者の方も見学に来ていて・・・空気充填係りが一番・・・タイヘンですよねぇ〜
 
 発射しての連続写真という事で・・・カメラを連射モードにして、「写っているかなぁ・・」という感じで写しているのですが、けっこううまく写っていましたね。
 

 
 飛ばされたロケットはすぐに回収されて、集められます。一度、飛ばすと、弾頭がふづれるので、再度、飛ばす場合は、ここを直してからですね。
 
 競技終了後、計測までの時間に、アトラクション〜という事で、うまかぼうロケットですが、こっちは、形状が違うので、ゆっくり落ちてきます。
 ちなみに、今回の模様は、HBCテレビで取材に来ていて、当日の6時台のニュースで映像が流れていましたが・・・見られた方はいましたかねぇ・・・そして、優勝は98メートルを飛んだロケットでしたが、新記録の更新にはならなかったようでした。


先日、仁木町役場に行くと、玄関にマスコットがありました。『ニキボー』君というようで、『仁木町の希望』という意味での命名だそうです。でも・・・着ぐるみしたら、う〜ん・・・チョット、作りずらいですよねぇ・・・
 
 自分の報告会日程も決まったということで、先日、掲示看板を近くに建てました。野外という事で、ラミネートをして防水という事で、作成はけっこう手間がかかるんですよ〜

10月15日・水曜日、町道の大川町南2線を通っていたら、向かい側から,何か音を出して来る車が・・・
 
 消防団の防火パレードでした。余市だけでなく、北後志でやっていたように見ていましたが・・・ご苦労様です。そして、これからの火事は、冷え込んでくるのもあって、色々な面で厳しい季節になって来ます。火事には注意、しましょうネ。

10月19日・月曜日
 山田町にある、改善センターは区会の会館として使用しています。そして、このセンター前に区会の木があります。
 道道の改修時に植えられたものですが、木は、『アルプス乙女』というリンゴの木です。リンゴの木という事で、花が咲いて、実がなり、リンゴですので、当然、食べる事も出来ます。
 
 という訳で、リンゴも収穫時期になった。という事で、区会で収穫する事になりました。
 このアルプス乙女というリンゴは、元々が小さく、ピンポン玉くらいの大きさしかないのですが、間引きをしていないので、さらに小さい・・・とうのが実状なのですが、道路に落ちると通行の邪魔にもなる。という事で収穫したのてすが・・・思った以上にあって・・・さて、どうしまょうか・・・
 
 ちなみに、実が小さい。という事で、お祭の露店で売っているリンゴ飴や、学校給食に出されるそうです。


 さて、リンゴといえば・・・・すっかり珍しいリンゴとなりました、『緋の衣』。老木なのですが、今年も大きな実が収穫出来ました。
 マッサンの関係で、余市町関連の記事が掲載されると、リンゴの話も一緒に掲載される事も多く、この『緋の衣』の件も、雑誌等に多く掲載されるようになりました。
 今月11日頃から、台風19号が接近。北海道も強風になる可能性もあって・・・「風が吹く前に」という事で収穫をしました。
 そして、大きさ別に別けて出荷の用意をしました。
 



10月21日・火曜日
 という訳で、『緋の衣』は、札幌三越に出されてました。テレビ局でも、けっこう放送されていましたが、『ホクレン大収穫祭』という事で、毎年、ここに出展されて、完売となります。もっとも、量が少ないので、ここに限定されています。
 
 ちなみに、JA余市でも出展していて、余市産の果物が売られています。
 
 くるみ、プルーン、また、アルプス乙女も、売られていましたよ〜

10月23日・木曜日
 今シーズン一番の冷え込みの朝。水溜りには、薄氷が張っていました。そして、ヤサイの葉っぱも、霜がついていました。冬は、もうすぐですねぇ・・・
 


10月23日・木曜日
 午後3時半過ぎに役場に行ったら・・・・
 「あれ〜onちゃんがいる」と思ったら、なんとテレビの生放送でした。
 
 ソーラン武士君と一緒に並んで、午後4時前の『イチオシ』のスタートに合わせて、そこそこ人も集まってきていましょ〜
 
 onちゃん、けっこう人気者!!ですね。

10月24日・金曜日
 後志管内の自治体の秋の行事となった、原子力防災訓練。今年で3回目という事で、実施されました。
 
 前2回までは、バスで避難訓練をしていましたが、今年は、町外への避難は無し・・・という事で、あまり大規模には行われませんでしたが、町内での避難訓練は実施されていました。
 
 そして、余市町では、役場に本部が設置されて、各所とのやり取りがされていましたが・・・いゃ〜エリアメールのウルサイ事。日本語の配信の後、英文での配信もされていました、また、自分の携帯には、仁木町からの配信メールも届いていました。

 台風被害が発生した地域では、実際に、この手のメールが次々に配信されて、『携帯が壊れた。と思った』というような感想を持たれていた方がいた。とテレビで紹介していましが、自分は、今日、メール配信の時、とある集会に参加していましたが、その場にいる人の携帯が一斉に鳴って・・・正直、ウザイですね。
 また、年配の方からは『どうやって操作するの〜』と問い合わせが入って来ました。操作の必要は無いのですが、う〜ん・・・これらの件も周知して行かなければ、有効なメールにならない。という事が分かりました。


 まぁ・・・そんな10月中旬でしたぁ〜