他の町角写真を見る
町角ショット 平成26年7月19日UP
       ☆小型ジャンプ台設置☆

 6月定例会において、町有財産の取得で、『小型ジャンプ台』の議題がありました。
 本会議では、数名の議員から質疑があり、採決が行われ、起立多数で、取得が認められました。

 

 取得が認められたものは以下の概要です。
取得の目的 小型ジャンプ台取得
財産の取得の種類
      小型ジャンプ台 幅2.8メートル 高さ3.99メートル
              奥16.15メートル
取得の方法 随意契約
取得の価格 一金 756万円也
取得の相手方 東京都中央区日本橋本石町1丁目2番2号
       株式会社 アストロ

 ちなみに、この会社はサマージャンプの関係を一手に行っている会社だそうです。

 

 と、いう訳で、設置が終わって、本日、お披露目〜となりました。
 でも・・・・最初に見た時の感想として・・「ちゃっちいなぁ・・」というのが偽らざる感想で、また、設置の場所としても・・・うーん、この場所じゃあ、竹鶴シャンツェの方が、隠れてしまうなぁ・・・と感じました。
 これに対して、教育委員会の方としては、『サマージャンプは水を使うので、給水の関係で、この場所しかありませんでした』との事で、うーん、しょうがないよねぇ・・・

 
 サマージャンプが出来るように、人工芝で、滑走面はセラミックのボッチがあります。
 
 午前10時から、ジャンプ少年団が集まり、町長、教育長の挨拶の後、早速、初練習〜となりましたが・・・
 
 町長の挨拶としては『強い要望がされており、ようやく、設置出来ました』との事でしたぁ〜

 
 あれれ?スキーが短いです・・・つまり、長いスキー板だと、ひっかかる。という事で、既存のスキー板より短くなければならず、教育委員会の職員が、短く切ったそうです。

 
 挨拶も終わって、水を撒いて、初飛行です〜 ちなみに、ジャンプ少年団は高校生から小学生低学年までが、所属しており、また、女子選手もいて、同じ練習をしています〜そして、おそらく、この中から、将来のオリンピック選手が出るでしょうね!

 
 小さくても・・・本格的ですよ〜
 
 全体が短いので・・・写真を写す方は・・タイヘンです〜

 ちなみに、このジャンプ台は、移動も可能なのですが、移動と設置には数日間が必要であり、余市町では、コンクリートの支柱に固定されていました。もっとも、ボルトを外せば、移動は可能でしょうが、時間と経費がかかる。という事ですね〜

 さてさて、お披露目と初飛行はすぐに終わって・・・『時間のある方は、スロープカーで上がれますよ〜』との事だったので、乗ってみましたぁ(^^)v

 
 定員8名は・・・大人で?子どもで?オデブばかりじゃぁ、6名くらいでしょうねぇ〜

 
 スタートして・・・徐々に上がって行きますが、けっこう・・・ゆれます〜
 
 中間地点で・・・・上に到着して、下を見たら・・・・けっこうな距離があります〜

 
スタート位置に立つと・・・・町長も飛ぶ・・・格好だけです・・・

 
 町長と記念撮影ですが・・・スベッたら、転がり落ちますねぇ・・・

 帰りも、スロープカーに乗れたのですが、自分は、あえて、歩いて降りて来ました・・・

 
 踏み切り位置から・・・けっこう長い助走路ですね・・・そして、下を見たら・・・着地面が見えないじゃん!!

 
 飛び出したら・・・こんな風景なんでしょうねぇ・・・そして、スロープカーは降りて行きます・・・

 
     傾斜が一番キツイのは、K点なんでしょうねぇ・・
 
 無事、下まで到着・・・小型ジャンプ台は、後ろからみたら、こんな感じですわぁ〜
 
 少年団は、どんどん練習しています〜。なんたって、すぐに上がれる・・のが一番の利点ですし、見ていたら、これでも転倒する団員もいました。
 今日が、本当に初飛行の子どももいたようですが、当初の目的として『初心者でも、また、フルシーズン出来るように』との事で、これによって、ジャンプ少年団の団員が増えればイィですね。
 見た目はチャッチィけれども、子どもたちの未来には、大きなジャンプ台になるでしょうね!!
 カンバレ!!余市ジャンプ少年団!!