町角ショット 平成25年9月19日UP
  ☆ツール・ド・北海道 2013☆

 9月14日からスタートした、ツールド北海道。余市町を通過するのは、平成19年以来となりました。

 元々高速移動の自転車レースという事で、シャッターチャンスは1回のみ。という事で、さぁて、どこでカメラをかまえようかなぁ・・・・と考えました。

 今回のコースは、後志の山麓方面を中心としたコースで、余市町には、最終日の9月16日の午前中、赤井川村経由で道々赤井川線を赤井川→余市方面に。冷水峠を下り、合同青果の信号を仁木方面に向かう。というルートでした。

 
         
係りの人が腕章をして、待機をしていましたぁ〜


 
下りの左カーブを来て、農道に入り、左折です〜選手は看板を見ているんでしょうかねぇ?
合同市場のところの信号を、写真では奥に進んでいきます〜
 
    
『まもなく通過します〜』とパトカーの案内が・・・
 で、カメラを構えたのは、合同青果の信号の所。坂を下って来て、90度カーブという事で、小雨も降り続いていて、スリップ・転倒!というシーンが写せるかも・・・と思っていました。

仁木町側では、信号からかなり離れたところで通行止めにしていました。
 
ギャラリーもボチボチ集まって来ていますが、そんな多い訳ではありません。それでも、この交差点には30名くらいの人が集まって来ていました。


 
 次のパトカーの横には『規制予告』と書かれてあって・・・が、『今、きます〜』と通り過ぎて行って・・・・コース係りも矢印を持って正面に立っています。

 
先導というか、係りなのかはわかりませんが・・・車もバイクも多かった・・・
 

 
 
まずは先頭集団で、あまり台数は多くありません。
 
「あれれ?もう、終わったの?」と思っていましたが・・・そのうち、第二集団がきました。

 

 

 
 どど〜と来たけれども、思ったより、速度は早くなかったですし、また、スリップ転倒もなく、無難にコーナーを回って行きました。

 
 その後の車列の方が長いような・・・気がして、最後は民間の救急車もついて行きました。
 
 車列の最後はパトカーで『規制解除』とドアに書かれてありました。

本当の最後は、『応援ありがとうございました』のアナウンスカーで終了となりました。

 
 
 一応・・・動画も入れてみましたが・・・3本を繋げたので、動画上では短いですが、実際は待ち時間が長かったです〜

 あっ・・・・という間ではなかったけれども、うーん、絵にならなかったなぁ・・・というのが自分の感想でした。

 ちなみに、雨という事で自分はカッパを着て、また、足場用の脚立を持って、その上に立って、カメラを2台構えて・・・カメラの保護のために傘をさしての撮影で、けっこう大変でした・・・・


他の町角写真を見る