町角ショット 平成25年6月16日UP
  
☆平成25年度余市神社例大祭・宮入、還御祭☆

 ポームページのアップも遅れており・・・大変、申し訳ありません。仕事やヤボ用も多いのですが、なんたって、今回のお祭りでは写した枚数が多く、データ整理が追いつかないのが現状です。


 さて、6月11日・火曜日。例大祭三日目で最終日を向えます。昨晩、各地にお泊まりとなった神輿が、今日、神社に戻ります。
 
 自分は午前7時には神社に行って準備。午前8時には担当の黒川地区の、黒川御旅所で、『黒川御旅所、発御祭(はつぎょさい)』に臨みます。まぁ、やることは、特別な事はなく、宮司の神事の後、神輿行列役員の玉串、地区祭典区の役員の方の玉串で、15分程で終了します。
 
 神輿はテントにあり、一晩中、黒川地区の神社委員さんが寝ずの番をしているのだと思いますが、神事が終わってから、トラックに乗せられます。

 順路としては、出店を50メートル程だけ通り抜けるのですが、さすがにこの時間は、だれも歩いていない。というよりまだ、露店も開いていません。
 
 今年露店の流行は何?まったく分かりませんがどうでしたか?
 
      出店からも御祝儀が上がれば、奴は舞います〜

 
 農協前を通り駅から国道229号線に入り、消防署、道の駅を通り・・・
 

 
 余市橋の黒川町側で、黒川地区の神社委員の方と、入舟地区の神社委員の方との引き継いで、神輿は美園方面に向います。
 お休み所は無いのですが、小休止〜 団地の玄関で、腰を降ろして・・・まずは、日陰に入ります〜
 
 『老健よいち』で大休止。ここでは、ジュースが当たって、要約、喉を潤せました。
そして出発。中央保育所近辺まで戻ってから、ここで、神輿をトラックから降ろして、担ぎ用にくみます。
 

 この場所では、大川部隊も入って来て、小休止となるります。保育所の子どもたちも来ていたので、大神輿と一緒に・・・・
 
神輿も組み上がって、子どもたちに見送られて出発です。



 
本願力寺前で、神事を行い・・・この路線は接待してくれる所も多く、有り難いです〜
 

 
国道229号に入り、役場に入ります。ここで大川組と合流して、進みます。
 
役場前で神輿を上げて、すぐに移動。今日は天気も良く、真上からの太陽が・・・
 
 一路、シリパを目指して・・・あれ?雅楽隊のトラックにリャカーが・・・自分の足も、かなり痛くなって来て・・・・そろそろ限界かなぁ・・
 国道229号から、道道港線に入ると、旗を持った団体さんが待っていました。
 
 そして、入船の神社委員さんから、沢・富沢の委員さんに引き継がれるのですが、旗を持っていたのは、ここの区会長さん方でした。

 沢町買い物駐車場に入り、シリパを望みながら神事が行われます。
 
 そして、沢町福祉センターでお昼となりますが・・・やっぱり『食べたら行くぞ〜』との事・・・・
 
 奴頭は、たまには・・・見学で・・・  北海信金沢町支店でも、神輿が上がります〜

 
 西部地区という事で、西部ジュニァ会が中心で担いでいて・・・沢町1・2丁目近辺は、明治から昭和初期までは、銀行や映画館、料亭等が並んでいた町であって、当然、歴史を大切にするお祭りですので、この街では、小路も多く通ります。

 
 『かるな和順』に入り、ここでは、施設入所者・保育園児が神輿の下をくぐります。人数も多いのもあって、なかなか終わらない・・・担ぐ方は、日光を正面に受けで・・・ア・セ・ダ・クです〜・・・・・そして、神輿が止まる前に、奴は出発〜 こっちも休む暇ないょう><
 ちなみに、ここから、再び二組に分かれ、中神輿はトラックに乗せられ、沢・富沢地区を回ります。
 

 子どみ神輿がまだ、おいてある箇所も数箇所、ありました。
 
 奴にタオルの奉仕があって、くくり付けています〜
 先頭で塩を撒いて道を清める、清払(せばつ)奉仕者。手も塩で傷んで来ます・・
 
 午後4時、二組は合流。中神輿は担ぐ準備に入り、いよいよ、最後の直線コースに入ります。
 
 途中の商店では、奴が店の中でも舞っています〜

 
 西日を正面に受けて・・・今日は気温も高く、日傘を被っている方も・・・

 
 休憩には・・・・日陰が一番有り難い・・・
 
一般の方も飛び入りで、奴に入ります〜   太鼓橋から・・・ゴールは見えたぞ!

 


 
 神輿が通るので、鳥居の提灯も取り外されます。 
 
  天狗さん、奴さも、境内に入り・・・・いよいよ本当にゴールです〜
 


 今年は、カメラの位置関係と、また、いつもの年は奴が入り終わってから神輿が駆け上って来るのですが、今年は、奴が終わり切らないうちに神輿が上がって来て・・・
 




               
 本日撮影分の動画を編集しました。写す方も大変ですが・・・・砂煙が上がのが、かわるでしょうか。神輿は、面白いなぁ・・・と感じています〜


 無事神輿も宮入終了です。
 
 そして、餅撒きがありましたが、うーん、写真では、餅が写りませんでしたぁ〜

 餅撒きが終わった後、本殿では、最後の神事である『還御祭』(かんぎょさい)が行われます。 外では・・・人々も帰り、神輿も片付けに入り、神輿会も記念撮影等をして、健闘をたたえあって・・・
 

 
 余市神社宮司が扉を閉めて・・・・平成25年度余市神社例大祭、滞りなくおさめました。
みなさん、大変お疲れさまでした。そして、ありがとうございました。


 さて、汚い写真ですが・・・・
 3日間、付き合ったのは、初めてでした。初日はトラック移動が多く、徒歩の移動は、さほど多く無かったと感じています。
 二日目は、神社スタートで、ずいぶん歩きました。どれくらいの歩数があったのか・・・が分からず、最終日は、神社に向う前に万歩計を装着。自宅に帰って来るまで、装着していました。
 な、なんと、32774と数値が表示されていました。単純計算ですが・・・30キロ近く歩いた・・・という事になるのでしようか・・・
 
 感覚的には、10日の方が歩いたと感じていますが、さすがに、これだけ歩いたら・・・親指の付け根がうっ血していましたし、小指も皮がむけていました・・・右足も同じ状況でした。
 でも、選挙でトラックの上でゆられるより、疲れは無かったですし、毎晩、寝る前は、足全体に湿布をはって寝たので、とりあえず、筋肉痛〜は無かったです。
 足の血豆は、針で出してやれば、早く直るのでしょうが、なんたって、足の病気でワーファリンを飲んでいるので、それも出来ず・・・・本日、16日ですが、ようやく、足指の痛みも取れてきました。
 明日からは6月定例会週間ですので、頑張りたいと思います。

 以上、平成25年度 『余市神社例大祭』 終了です。


他の町角写真を見る