町角ショット 平成24年6月10日UP
      ☆余市祭・郡部神輿渡御☆

 何年も同じ企画というか、写真的にはさほど変わりませんが・・・(^^;)
 
 今年も余市祭の季節がやってきました〜
 という訳で、9日は、宵宮なのですが、その前に、神輿が郡部を回る。という事で、今回は各地について行ってみましたぁ〜

 まずは、午前8時から本殿において、郡部渡御祭が執り行われます。
 

 
同時刻、外では大神輿を4トントラックに積み込んで・・・20人くらいが必要です〜

シリパ山も奇麗に・・・なんとか昔のスキー場の跡がみえます〜
 
                   午前9時、神輿出発です
 
一度、駅まで出で、国道5号を小樽方面へ進み・・・

 
栄町稲荷神社で出迎えを受けます。
 
神輿が止まれば、その場所で参拝が行われ、その後、やっこさんにの出番となり、終了〜。次の目的地に向い出発です。

栄町を山に向って、栄町神社に到着です。
 

 
栄町神社の境内には、石が祭られて・・というか、珍しい形の石がありました。写真では見ずらいのでしょうが、ヘビの形が浮き出た石で、2個ありました。だれかが、ここに奉ったんでしょうねぇ。
 
栄町神社は鳥居から本殿まである程度の距離があるので、やっこさんも境内に入ってやっています。

山間部を通り、登神社に到着〜
 
登神社も相当、歴史があるようで・・・
 
逆光というより、天気が良く、大きな木の中に神社があるために、写真は暗くなっていますが、左の手洗い?は明治38年。右の写真の狛犬は大正12年という文字が掘られていました。
 
土曜日でしたが、登小学校の子供たちが来ていましたぁ〜
 
登神社は参道が石段で、やっこさんも、厳しい場所でやっています〜

次は赤い鳥居の八幡神社
 

 
ここは道路ふちに鳥居と本殿の前にも鳥居があります。

次に、黒川17区生活館前で・・・神社ではありません〜

 
        地域の議員である岸本議員も来ていましたぁ〜

遠路をはるばる・・・山田町のあゆ場に来ました〜
 
交通量が少ないのは・・・有り難いですねぇ〜
 

あゆ場で昼食を取って・・・
 
          わが家の前を通過〜
美園町に入って、美園団地B棟の前で・・・
 

・・・美園から豊丘へ・・・
 

豊丘神社に到着しましたぁ〜
 
豊丘神社は・・・鳥居の表札には、下山道神社とあります。下山道があれば、上山道は・・・稲穂峠の入り口に上山道という看板がかかっています。昔は、岩内に行くのは、豊丘から桐谷峠を通り、稲穂峠へと向ったんでしょうねぇ・・・
 
ここの狛犬も歴史がありそうですが・・・年月が掘られていなかったように見ました。
 
本殿の入り口には、うーん、なんというのかなぁ・・・布製の棒があって・・・奉納されたのもで、それぞれに文字が書かれてありました。国家安穏とあります。でも国が國となっている事から、戦前に奉納されたものなのでしょうか・・
 
ここは、木陰で・・昔の参勤交替は、こんな感じだったんでしょうねぇ〜

次は梅川
 
梅川から見える余市湾・・・場所は改善センター前です〜

白岩神社
 
坂が終わって、平らになった所の山側にあります。お祭りでもなかったら、地域に住んでいる方以外は、気がつかないでしょうねぇ〜
 
白岩といえば、夫婦岩ですが・・・道路が切り替わったので、意識してここに来なければ、見えない場所となってしまいました。話では、昔はこの二つの岩にしめ縄が掛けられていた。という話をする方もいますが・・・・
 

次は潮見町。ローソク岩は、だんだん小さくなって来ている??
 
 ローソク岩の付け根にも、祠かお堂があった・・・という話もありますが・・・
潮見町でも道路が切り替わった関係で・・・海に面した崖の中腹にもお堂か祠があった・・・でも、道路改修で無くなったのでしょう・・・
唯一、海に向って、お参りがされます〜
 
さて、ここも道路改修となって、旧道は通行止めになりました。いつから通行止めになったのかは・・・10年くらい前でしょうか・・・
 
金網でふさがれていて・・・道路上には、草が生えて来ています・・・この先から見えたローソク岩がもっとも奇麗だった記憶がありますが・・・

豊浜まで来ましたょ〜
 
ここは幟ではなく、5色の吹き流しが立てられていました。場所は豊浜生活改善センター前でした。
 おそらく、豊浜も漁師町だったので、それなりの神社があったのだとは推測していますが・・・
この生活センターの中に、歌詞がありました。豊浜の学校の校歌だそうです。

校歌もその時々の時代を表したものだと思いますが・・・3番には『使命国創り』とあります。

 4年に一度、選挙で歩きますが、やっばり、余市は広いですし、また、歴史がある町と地域があると改めて感じました。
 地域とは、故郷とは・・・改めて感じた余市祭です。

 ・・・・写真多くて、スミマセンm(__)m


他の町角写真を見る