他の町角写真を見る
町角ショット 平成22年7月31日UP
       ☆大雨被害・その2☆

 報道各社によって、ニュースとして、全国放送もされましたが、7月29日の大雨被害、局地的でしたが、かなりの被害があった所も多かったです。

 
7月30日、午前9時撮影。
あゆ場公園パークゴルフ場の調整池、並びに、魚道は、余市川と繋がっています。余市川の水位が上がった事によって、逆流を止めるために水門を閉める。結果として、降った雨がたまってしまって・・・・これでも、パーク場の水はかなり引いたそうです。
鉄分の多い水という事で、芝がどうなるんでしょうかねぇ・・・・ちなみに、30日は臨時休業でした。
 

 
 さて、この『よいち』の看板、見覚えのある方は、かなりの通ですね。黒川の飲食店街の入口にあった看板の一部ですね


 7月28日は民生環境常任委員会があったそうですが、雨の関係で午後からの委員会は中止となったそうです。
 また、7月30日には、総務文教常任委員会があったのですが、この委員会も大雨の翌日という事で、当初予定していた議題も、災害復旧が優先。という事で、災害報告の中間報告のみで委員会は終了しました。

 さて、今回の雨の状況ですが、委員会では、以下の報告がされました。

警報発令時間
 大雨警報 7/29 9時18分〜21時14分
 洪水警報 7/29 9時18分〜


7月29日、降雨状況
 場所 総雨量(四捨五入) 総雨量時間    時間当最大雨量・時間
 豊丘  146ミリ  午前5時〜午後7時  28ミリ・午前11時
 登   135ミリ  午前5時〜午後7時  21ミリ・午前10時
 ヌッチ 148ミリ  午前5時〜午後7時  22ミリ・午後1時
 豊浜  162ミリ  午前5時〜午後7時  32ミリ・午後1時
 赤井川  58ミリ  午前6時〜午後8時   8ミリ・午後1時

 
7月31日、午前10時〜撮影ヌッチ川、道道起点付近。下って撮影・・・
川幅より長い木が、流木となって・・・当然、ひっかかっていて・・・・

 
草が下流方向に倒れています。ここも水が走った跡ですね


 
護岸が壊壊れています。元の形状がわかりません。そおらく、この近辺がテレビ放送されたのではないか?と思いますが・・・近くでは重機によって、作業が進められています。

 

ヌッチ川も、この近辺は川幅も狭い事から、一気に流れたのだろうと推測されます。
 
 区会の会館も冠水したようで、写真ではわかりませんが、水跡から、おそらく、1メートルくらい水がついたと考えられます。
 その奥に続く、道路と、先の橋は・・・この橋が無ければ、畑に行けない方もいるので、うーん、早期復旧が求められているのですが、護岸の補修をしてからでなければ、かけられないでしょう。
 

 
小峠橋上から・・・やはり、長い流木がひっかかっています。

余市町の対応等
・余市町災害本部設置 11時20分
・避難勧告発令 豊浜地区  11時20分、61世帯
        潮見地区  12時50分、4世帯
・避難所 沢町福祉センター 午後6時44分現在64名
     富沢町労働福祉センター 午後8時現在27名
・土のう作成と使用数 3300袋、内使用2800個

 今までの余市町では、連続降雨100ミリを越えたら、黒川町の低地帯、特に、道の駅近辺と、ニッカ会館入口近辺は、必ず冠水していました。
 所が、各所に設置されたポンプ場の効果によって、冠水はありませんでした。
 特に、29日は、午後から満潮時間となったために、今までは、逆流を防ぐために、水門を閉めていたのですが、今回は水門を閉めたまま、排水が出来た。という事が被害を未然にふせいだ事になります。
 また、余市川上流の赤井川村の降雨が少なかった事により、余市川の水位も、さほど上がらなかった。という事も幸いだったんでしょう。
 ですが、問題的も発生したのではないか。と感じます。
 美園ポンプ場は、川の流域が広い事もあり、排水能力としては、ギリギリであった事。また、黒川ポンプ場は、ポンプ稼働水位と流域の冠水との整合性が取れていないのではないか。と感じられます。


 さて、ポンプが設置された流域は、最低限の被害ですみましたが、今回は、報道の通り、豊丘、豊浜の被害が大きかったです。
 特に、豊丘のヌッチ川上流域は、川幅も狭い事、さらには、一気に降った事により、河川の際の樹木が倒木となって、川に流れ込み、流れを妨げた。
 豊浜では、想定外の降雨によって、地下埋設の水路が飲み込めなくなって道路に溢れた事と、川幅と形状によって、あふれ出た水が民家を襲った。という事でした。
 
水害とは関係ありませんが・・・豊丘には『蓮の葉池』があります。熱心な方は、カメラを持って・・・撮影に来ていました〜


午後からは豊浜に行ってみました・・・・時間が経過していますが、昨日は、流木が海岸に押し寄せ、船が係留出来なかったそうです。
 
            湯内川から出た流木が波打ちぎわに・・・

 
 豊浜会館前、ここは水路ではありません。元々チョチョロと流れていて、地面の下を通る側溝に流れていたのが、水が一気に押し寄せ、飲み込めずに、付近一帯を川にした。という事でした。
 
山から来る水路が氾濫して・・・いまだに地表を流れています・・


 被害より二日目という事で、有る程度、落ち着きはとりもどしていますが、河川の掃除、並びに護岸整備は、いゃ〜、時間とお金がかかります。
 場所によって北海道の管轄地域もあるので、すへで、余市町がしなければならない。という事はありませんが、余市町の財政は、現在、赤字財政ではありませんが、余裕は無い事から、厳しい。ですが、やらなければならない事は、やらなければならない。
 議員も厳しい判断を迫られる事になると考えています。
 
 
 
29日に地滑りで倒れた梅川町の大木。道路に出ないように切られていましたが・・・回りの木も、滑っていて、再度、雨が降って、風が強ければ、残っている樹木も倒れる危険性があります

 明日の天気は・・・う〜ん、なんか怪しい雰囲気です。29日の復旧が終わっていない中での大雨は危険です。危ないと感じたら、すぐに非難を!!!


 今月は13階のUPとなり、最近にしては、エラクUPしました。そして・・・う〜ん、HPのアクセスが(◎◎)驚くほど、多くなっています。
 今回の大雨の被害の関係なのか、はたまた、町長選挙の関係なのかは、わかりませんが・・・・通常の場合、月曜日がアクセスの山の頂上になって、以後、下がって、月曜日には再び上がる。というのを繰り返しているのですが、先週の火曜日には172となって、おぉ〜(^^;)と思っていたのが、金曜日には、な、な、なんと210を記録。「ホントかよ〜?」と思ってしまいました。
 町内の方なのか、余市町出身者で町の事が全国ニュースで流れた関係で見たのか。または町長選挙の関係なのか・・・は、分かりませんが、一つだけ言える事は、間違いなく、余市町の情報発信には、一役かっている!!事だけは確かです。

アクセスログ解析
解析対象期間 : 2010/07/21 17:07:55 〜 2010/07/31 23:21:03

総アクセス数 1396
一日平均   126.91
平均アクセス間隔 11分20秒に1アクセス
一意の訪問者 132
再訪問 1264
再訪問率 90.54%
再訪問までの平均間隔 6時間5分58秒

日別アクセス状況
10/07/21 (Wed) 51
10/07/22 (Thu) 127
10/07/23 (Fri) 134
10/07/24 (Sat) 78
10/07/25 (Sun) 70
10/07/26 (Mon) 134
10/07/27 (Tue) 172
10/07/28 (Wed) 147
10/07/29 (Thu) 159
10/07/30 (Fri) 210
10/07/31 (Sat) 114


 いよいよ、来月の31日は告示日です。
 先日、林候補予定者は後援会長も決まったようで『事務所開きをした』と新聞に掲載されていました。
 もう一方の嶋候補予定者は、その後の情報はありません。また、出馬を考えている某議員は、ウワサでは『出馬をする』との事ですが、公式に発表をしてはいないようですし、また、表明をした後、いつ、議員辞職をするのか?という事も注目されます。
 辞職する日と、議員の補欠選挙の関係、さらには、その後の議会での採決の関係がどうなるのか?は・・・わかりません。
 ですが、立場はハッキリさせてほしいものですね。

 そうそう、町長選に立候補予定者としては、まだ出揃っていないようですが、最終的に私は情報を発信してくれそうな人に、一票を投じたいと考えています。

 これから選挙に出る人は、ホームページ等のネット発信が出来ない人は、その権利は無い!!と考えていま〜す。