他の町角写真を見る
町角ショット 平成21年11月23日
          
☆こま犬鎮座式☆

 本日は11月23日という事で、勤労感謝の日です。
 日本という国は、特に明治以後、近代政治となってからは、古式の行事に合わせて祝日を決めていました。

 勤労感謝の日は新嘗祭に当たり、全国の神社では、新嘗祭が執り行われた・・・・と推測しています。

 さて、新嘗祭に合わせて、余市神社では、この度、新たに、神社の守り神となるべく、狛犬が寄贈され、本日、除幕式なのか鎮座式なのかはよく解りませんが、魂入れが行われました。

 偶然に、この情報を聞き付けたので・・・・早速、カメラを持って出掛けました。

 
           お目見えは・・まだです。
 

 本殿では、祝詞が口上されていました。
 
       新嘗祭という事で新米が稲穂のまま捧げられていました。

 本殿での勤めが終了後、外に出て、改めてお祓いがされて、神社役員の手で白布が取られ、鎮座されました。
 

 

 
 さて、狛犬、本殿に向かい、右側は口を開いています。そして、左は口を閉じています。言葉で言うなら、『あ』と『ん』であって、二対で一つ。つまり、『あんうんの呼吸』ということのようです。
 
 どちらにしても、これから末長く、余市町を見守る事となるでしょう・・・・初詣の時にでも、よくよく、見て下さいね〜