他の町角写真を見る
町角ショット 平成21年8月10日UP
      ☆女子バレー部夏季合宿☆

 先月末の卓球の全道大会に続き、余市町総合体育館をメイン会場にして、『バレーボール夏季強化合宿』が開催されています。
 
主催 道都大学女子バレーボール部 札幌大谷高等学校バレーボール部
後援 余市町バレーボール協会


期間 平成21年8月8日・土曜日 13時 
            〜 8月11日・火曜日 13時 

参加チーム 聖霊高校(秋田県) 盛岡女子高校(岩手県)
      春日部共栄高校(埼玉県)
      虻田高校  岩見沢西高校 札幌大谷高校
      札幌大谷中学校   道都大学 
      管内中学校バレーボール部 
      余市黒川アップルズバレーボール少年団
 
開会式では大学本校からも役職者が来て歓迎の挨拶がされていました。
 
 という事になっていますが、この他にもインフルエンザで参加出来なくなった学校があるようですが、総勢で200名。そして参加校名を見たときに、女子バレーボールでは有名所が集まっている。という事になります。

 さて、なぜ、自分がこの事を知っているのか?ですが、自分の出身大学が道都大学であり、バレー部部長より協力依頼があった事。さらには、自分も娘と息子もバレーボールをやっていた。という事もあります。

 
            
各校の自己紹介でスタートです
 東中学校出身という事もありましたが、東中学は男女共にバレーボール部があり、また、かなり活発でした。

 練習相手を求めて、毎週のように、道内各地の中学・高校に練習遠征の送迎をしていましたし、男子の方は初戦が全道大会という事もあり、全道大会の応援にも全道各地に出向いていました。

 個人的には、スポーツは、まったくやらないのですが、そんな事もあり、バレーボールとの縁が出来て、今回は出身校の部活という事で、許可をもらい、撮影して来ました。

 

 今回の宿泊先は仁木町の町民センターという事でしたが、初めて来た関係者の感想としては、余市町の総合体育館から野球場・陸上競技場と続き、『良い施設、持っていますねぇ』という感想でした。

 この手の事項を企画する場合、やはり、問題となるのは、宿泊先という事で、先日の卓球大会の時も、時期的に観光シーズンとも重なった事もあり、かなりの影響があったそうです。

 

 ちなみに、今回の食事の提供は、町内の弁当屋さんが一括で受けたそうで、そういう意味でも、町の経済の活性化には、『つながる』という事になります。

合宿3日目の11日には、朝から管内の小学校・中学校を招いてのバレー教室が黒川小学校体育館を借りて行われました。
 

 


総合体育館の方では、試合形式の練習が続いていて・・・
 

 
レベルの高い、密度の濃い練習が続いています。

 北海道は短い夏ですが、良い成果が残せるとイィですね。
・・・・ちなみに、『来年以降も続けたい』という話しも出ており、これが定着すれば、町の活性化にも繋がると考えています。