町角ショット 平成21年5月25日
    ☆ワッカケトンネル開通(??)☆

 昨年の2月頃、国の様々な問題の中で、『行政の無駄遣い』が取り上げられ、その代表格として、北海道の道東方面の高速道路と、もう一つ・・・・ワッカケトンネルが取り上げられました。

 ワッカケトンネルが取り上げられた背景としては、『無駄な工事。必要な工事なのか?』という事ではなく、『行政側の不備によって工事が進まない』という事で取り上げられていました。
 

 たしかに、このワッカケトンネルの工事が始まったのは、平成15年で、その後、地権者との関係により工事は中断しました。
               
古平側からの撮影
 

 当時、余市町議会では、地域開発特別委員会という委員会があって、その委員会で、このトンネルを視察していましたが、結果として、この視察の時、すでに工事は中断していた。いう事を、この平成20年の時に初めて知りました。

 この20年2月の報道はでは、全国総てのキー局で放送され、全国ネットで何度も放送されて、その時から、国が強制収用をかける。と聞いていましたが、場所が国道いう事もあって、余市町議会としては、直接的に所管する委員会も無い事から、その後、どうなったのかは、正式には聞いていませんでした。


 まぁ、前置きが長くなりましたが、先日、古平まで行く用事があって・・・ハタと気がついたら、なんと、トンネルの余市側に穴が開いているではありませんか。
 古平側から貫通された穴なのかどうかは、分かりませんが・・・・少なくとも、工事は要約、再開された。という事だけははっきりしています。
 
 貫通して、実際に通れるようになるのは、それなりの時間が必要でしょうが、そんなに長いトンネルでもないでしょうから、そう遠くない将来において、新ワッカケトンネルの通行が可能になるのではないか?と推測されます。
             
以下の4枚は余市側から撮影
 
 ただ、そうなれば・・・白岩町の港から見えた、奇岩・えびす岩と大黒岩が、道路から見えなくなる・・・のは確かです。
 

 生活が便利になる事、また、この道は、難所である事には違いなく、そういう意味では、間違いなく『良かった』と言えます。ですが・・・・なんとなく、寂しくなるのも、また、事実だと思います。


オマケ・・
 八重桜の季節も終わって・・・・わが家にも八重桜があるのですが・・・散れば、ピンクの絨毯ですね・・・この写真は頂いた写真をスキャンしましたぁ〜

他の町角写真を見る