他の町角ショットを見る

町角シヨット 平成20年8月23日UP
      ☆黒川ポンプ場工事@☆

 一連の余市川治水工事に伴い、排水能力の一番大きい黒川排水機場のポンプ設置工事が始りました。
 ここの工事は18年に着工しており、平成19年度にはポンプの製作が行われており、ポンプも完成した事により、工事が再開され、本年度で完成予定です。

 なお、この事業は北海道が行っている事から、余市町としては直接的に工事に携わる事はありません。

 さて、工事が始ったので、早速、カメラを持って来ました。ちなみに、今回のこの工事は岩内町の
(株)白戸工務店さんが行っており、ご協力を頂いております。
     田川橋上より                 堤防上から
 

 
 建物の規模としては、あまり大きくありませんが・・・写真的にはあまり面白くないです。
 建物の高さはかなりありますが、3階建ではなく2階建だそうです。水関係の建物に共通している事ですが、最低でも川のレベルと同じ高さにしている。という事です。なぜなら、水が出た時に、水没してしまったら、意味がない〜からです。

 ここのポンプは直径1メートル50センチの配管によって、毎秒9トンの排水能力があるポンプが2台設置されます。・・・・一分で100トン以上の排水が出来る?という事になりますが・・・どんなポンプなんでしょうか・・・・完成が待ち遠しいのですが・・・実際に可動する時は、余市町も大雨が降っている。という事になりますので、可動する事がないのが、一番なんでしょうねぇ。

 なお、余市川改修にかかわる一連の工事は、私のホームページの中に、多数、掲載してあります。主に、町角ショットと参加報告の『産業建設委員会視察』の中にありますので、探してみて下さい〜



 ・・・さて、さて、ポンプ工事とはまったく関係ありませんが・・・8月24日、余市町において『北海道大学民謡研究会合唱団わだち』の公演があり、その宣伝に町内各所を練り歩いていました。
 自宅前を通ったので、撮影させて頂きました。
 

 
 公演の成功を祈念致しております。