平成14年12月14日・土曜日
  ☆ニッカウ井スキー北海道工場
            旧竹鶴邸竣工披露式☆


 本日、ニッカウ井スキー北海道工場で、旧竹鶴邸竣工披露式が行われました。
 自分には今回の案内は来ませんでしたが、写真を撮りに押しかけ取材に行きました。
 ニッカ工場長さんのご配慮によって、プレス証を頂き、また、知り合いの新聞記者の後に続いて、竹鶴邸に潜入しました。

 
 日程的には、午前11時30分からテープカットの後、竹鶴邸の見学。12時30分からニッカ会館にて祝賀会でしたが、私は、竹鶴邸の見学の後、帰って来ました。

↓正面玄関。左側が居間。                          建物全体↓
 

 建物は、正面右から、玄関&玄関ホール・渡り廊下・居間(洋室)・和室・洋室となっています。一般見学は、明日からですが、玄関ホールまでしか入れません。


 この竹鶴邸には、実は私は、子供のころ、入った経験があります。正確には入ったであっただろうと思っています。

 この竹鶴邸は私の住んでいる山田町にあり、現在の道道然別余市線と町道沢町山田線の交差する山田町400番地にありました。
 この建物は建設当時はニッカの敷地内にあったようで(と聞いた覚えがあります)、その後、山田町に移転。老朽化に伴い、保存のため、今年の夏に工場内に移動されたものです。
 
 

 さて、私は昭和36年産まれで、黒川小学校に通学していましたが、小学校の同級生は自分を含め、男3名、女2名の計5名しかおりませんでした。
 この中の一人、嶋宮さんが、小学校の頃、管理を含め、この邸宅に住んでおられました。昭和45年頃だと思いますが、嶋宮さんのお宅に、同級生を訪ね、良く遊びに行きました。
 今でこそ、山田町400番地近辺には住宅も増えましたが、当時は数件しかありませんでした。
 この邸宅で遊んだ記憶は無いのですが、間違いなく足は踏み入れていたはずです。尚、嶋宮さんは、現在も山田町でご存命です。

 
↑玄関を入ると正面です。               玄関ホールから玄関を見る↑
    通常の見学は、玄関ホールまでです。以降は、初公開では?
↓居間までの渡り廊下です。奥が玄関ホールです。
 
                               
居間の椅子セットと家具↑
 プレス証はありましたが、さすがに、前には行けなかったの、後から望遠で撮影しました。天気は良かったのですが、やっぱり、寒かったです。

↓式典の開始です。来賓者は着席してます。一応、四隅にスーブがありました。

 
                              
ニッカ相談役・竹鶴氏の挨拶↑
 挨拶の中で、『政孝氏・リタ婦人は、この地が見える山に眠っておられます。』との事で、う〜ん、確かに墓地から、工場は見えるでしょう。どう、思っておられるのでしょかねえ。
↓後志支庁長の挨拶                  テープカットに並んでいます↓
 

↓テープカットの後、建物内見学です。正面から入り、裏口から出ました。
 
                            
大谷余市町長と後に続く野呂議長↑
 
↑居間。手前には椅子セットがあります。                    和室↑
↓和室と洋室はふすま1枚です。     

 
                        廊下の突き当たりに時計が掛けてありました↑
↓裏玄関。入室に際しては靴を袋に入れて入りました

 
                             建物裏側。右側が玄関ホールです↑

 ニッカウイスキー余市工場に、新たな名所が出来ました。工場見学は無料です。年末年始を除いて無休です。
 ニッカさん、御協力ありがとうございました。


ニッカウ井スキーへGo


 
 たまたま別な夜、ニッカ会館で別な会合があり、その帰りに撮影をされてもらいました。夜のニッカ工場もなかなかオツなものですょ。

 



他の町角写真を見る