町角シヨット 19年9月13日UP
     ☆07”ツールド北海道in余市☆

 国内最大の自転車レースであるツールド北海道が、余市にやって来ました。
 前回余市町を通ったのは1995年で12年振という事で沿道には多くの観客が声援を送っていました。

 これに先立ち、多くのポランティアが集められて、役場で説明会が開催されました。
コース係員に配布されたのは、赤・白の旗、笛、帽子、腕章と説明書でした。
 

コースは9時15分、小樽市総合体育館前を出発→小樽環状線
→北後志東部広域農道→
合同市場・右折→              土木現業所・右折

 

 
            国道5号・左折→田川橋→道道然別余市線・右折→

 
           町道沢町山田線・右折→町道美園線→

 
     入舟十字街・左折→以後、国道229号を古平へ
  
となっています  


 さて、小樽をスタートして、30分程度で余市町に入って来る。という事は、平均時速でも、50キロ程度?という事と、交通規制がひかれるために、車の移動は出来ないなぁ。と思い、どこで写真を写そうかと考えました。

 という事で、田川橋で、写して、すぐに移動すれば、町道美園線に間に合うのではないか?と考えて・・・・

 選手団は速いのでしょうが、どこを走っているのかは、分りません・・・と思ったら、上空にヘリコプターが・・・取材のヘリで、これを見ていれば、どの辺を走っているかが、分りました。  
 
                   「10分後に通過します〜」と広報車が通過〜
「まもなく、通過します〜」と2台目の広報車が・・・この時、田川橋上は雨でした〜
 

 
    先導車には予備タイヤ?           審判長?でしょうか?

 

 
                    ビデオ係りも立ち乗りで、大変そうです〜

その後、急いで、移動!!して・・・間に合ったぞ〜

 先導の車やバイクが多かったです    このバイクにも予備タイヤらしきものが・・
 
 
 

 
  この時点のトップ選手!!        それを追う、ビデオカメラ!
この美園線はホットスポットとなってましたが、その意味が分りません・・・
 
            その後は、一団となって・・・・
 

 
 選手の後ろにも、審判車??       あ〜ぁ、いっちゃったぁ〜
・・・・と思ったけど、車列が長い!!、おまけにみんな同じ車??
 
   車の屋根にはチームの看板が・・監督やコーチが乗車しているのでしょうか?


 一瞬の風のごとく通過していったツールド軍団!!カメラを構えていた自分にとっては、ファィンダーの中での出来事で、回りが見えていないので、よく、分らなかった・・・というのが、一つ目の感想。

 今日のゴールは岩内町までの105キロ。ゴール予定は午前11時半の見込みで、このHPがUPされた時間にほぼゴールです。
 人の力”というのは、無限なんだなぁ。というのが、二つ目の感想でした。
 
 選手の皆さん、そして、お手伝いをしてくださった皆さん、お疲れさまでした〜



※13日、午後8時、追加〜
 ホットスポットとはなんじゃ?という事を調べてみました。この場所で、「いっぱい、応援してね〜」という場所の事です。
 で、情報では「道の駅に横断幕を持った応援団が待機していたのに、この前を通らなかった!!」という話を聞きました。よくよく話を聞くと、作成された図面で、道の駅の位置が、道を一本ずれて印刷されていました。
 
                     赤字で明記しましたが、分るかなぁ?
 とにかく、速かった!!ツールド北海道でしたが、デジタルカメラで撮影したので、撮影時間も記録されています。残念ながら“秒”までは記録されていないのですが・・・
↓田川橋上で、最初に選手を写した時間は、9時55分でした。 
 
                 田川橋で最後に撮影した写真も9時55分でした↑
で、↓美園線と美園中通線の分岐点で最初に撮影した写真は9時59分
 
            この通りで最初に選手が写っている写真も9時59分でした↑
そして、最後の選手が写っている写真と最後に撮影した写真時間は、どちらも、10時00分でした。
 
 つまり、田川橋から美園線分岐点まで4分で来た。最後の選手が通過するまで1分。という事になり、計算すれば時速60キロ?という事になります。無論、秒の関係もあって、最大、1分58秒の誤差がありますが・・・

 そして・・・自分も、田川橋の頂上から自転車で入舟山田線を通っての移動時間は4分を切って移動した。という事になります!!  いゃ〜、お腰が痛い・・・です。

他の町角写真を見る