町角シヨット 19年10月17日Up
         ☆19年秋・あゆ場☆
  
 秋もいよいよ押し詰まって来ました。今年は、数年振に災害の無い年だったともあり、平年作並の収穫がありました。
 そして、実りの秋もまもなく終わり、これから寒〜い雪の季節となります。今年は石油の価格も高いために、ますます寒い冬になりそうですねぇ〜。

◎秋の果物
という事で、わが家の作物を・・・・

わが家の農園は、どちらかと言えば、作物の更新をしていないなで〜(^^;)けっこう古い品種が多いんですが・・・・
 
千両梨です。今は黄色いナシが主流なんですが、緑のナシです。大きいものは、一個1キロにもあり、かなりの大きさがあります。重量があるが故に風に弱い事、また、木が大きいために、収穫作業が大変〜ということで、最近では、ドンドン切られています。まあ、もう数年すれば、本当に珍しいナシになるでしょうねぇ。
 
栗の木はけっこうあるんです・・・今年は中国産の作物が安全性の問題があって、ヤサイも含めて、敬遠される傾向にあるようで、地元農産物の価格は、マァマァです。

真っ赤なリンゴの代表格、紅玉”です。パイ等に使うには最高のリンゴです。一昔前は、リンゴは10月中旬以降に収穫する品種が多かったですが、最近のリンゴは、品種改良によって、あまり堅くない、また、収穫時機が早い品種が造られるようになっています。
ちなみに、紅玉がある農家も少なく、けっこう問い合わせが多いです。
 
ナシでは、ありません。マルメロです。一般的には食用?ではないようで、焼酎に付けたり、また、ガムや喉アメに使われていますが、香り”が良いという事で、芳香剤として利用される方がおおく、けっこう人気があります〜。

わが家の主リンゴの木?の19号・緋の衣”です。正式な樹齢は解りませんが・・・100年??前後でしょうか・・・ちなみに、老木なるが故、幹部分が抜けていて、反対側が見えます〜
 


◎あゆ場公園パークゴルフ場
 今年の4月からオープンした公認コースのあゆ場公園パークゴルフ場。オープン以来、盛況が続き、一日平均200人を越える方が利用されています。
 7月までは、雨が無く、芝生もかわいそうな状態になっていましたが、8月に入り、雨の日も多くなり、芝生の状況も良くなりました。

10月1・2日は『町民無料開放デー』として当日来場の方は、全員、無料でプレーをする事が出来ました。(下の2枚は、10月1日の撮影です)
 

10月17日、午前中は雨でしたが、午後からは晴天になりました。
のパークゴルフ場には、雨の調整池があり、雨が上がった直後ということで、排水管を通り、雨水が池に流れ込んでいました。
 

この日は午前中まで雨が降っていて、撮影の前には太陽が出て来ました。コース上にも池が出来ていましたぁ〜
 

 
 このパークゴルフ場には雨の場合の調整池があります。雨が降った直後という事で、池に雨水が流れ込んでいます。
 

 先日の産業建設常任委員会ので報告としては、一日当たりの平均利用者数は200名を越えているそうです。雨で休業の日もあるので、それを考えれば、天気の良い日は300名を越えての利用ということがわかります。

 
本年の営業終了予定は11月4日・日曜日です


◎サケの遡上
 あゆ場公園パークゴルフ場の特徴としては、サケの遡上が見れるパークゴルフ場です。まあ、これが見れるパークゴルフ場は、ここしかないでしょうねぇ〜

余市川河口方向              サケの捕獲用のオリ
 

元々、サケの捕獲は、この場所でしていましたが、あゆ場公園が出来た関係で、サケの魚道も完成し、間近に見る事が出来ます。
余市川からのトンネルで入って来て〜 この魚道を通って〜
 

 
この池で行き止まりになりますが・・・段差に向って、ジャンプをしています〜
 

あゆ見橋から上流方向・・・橋の下を見ると・・・捕獲ラインを越えて、多くのサケが浅瀬にみえます。
 


 サケの期間もまもなく終了です。見学はお早めに〜 (^^)v


他の町角シヨットを見る