町角ショット 平成18年9月20日
        ☆台風13号来襲!!☆


 実りの秋〜という事で、町的には一番活気の出る季節になりましたが、この季節は台風シーズンでもあります。

  大浜中の海も荒れています    陸上競技場のポプラの木も揺れています
 

 2年前の台風18号は全町において、大被害となり、その悪夢が・・・・
 九州地方で、竜巻と思われる突風によって、電車が横転する等の被害を及ぼした、台風13号が、19日午後から接近して来ました。

 2年前の18号は9月8日と、収穫前にはチヨット早かったのですが、今回は本当に収穫直前!。台風と2年続いた大雪。そして、今回の台風と、もし、直撃されたら、本当に廃業する農家も出る状況です。
山田町では、松が倒木して、町道を一部塞いでいました
 
道路がこのような状況になっていたのは、梅川方面が多かったです。梅川の方は、風が強かった?

 昨日の午後から、風も強まり始め、再接近する15日未明。そして、吹き返しの風と、最終的には午後8時過ぎには、風も弱まりました。
 アメダス計測では、19日・午後4時と、20日・午前6時が8メートルの風速でしたが、余市消防署計測では、19日午後6時で、最大瞬間風速22メートルだったそうです。

 朝の6時の時点で、一通り、農村地域を走ってみましたが・・・・うちの畑が、一番被害が多いです。
     
リンゴ                  ナシ
 
 こ一昔前までは、わが家の回りも果樹地帯だったのですが、今では、すべて、住宅地になってしまい、風を遮るものが無くなったせいです。
 被害率としては、リンゴとナシで20%くらいかなぁ?といった所ですが、全町的平均では、1%〜5%の間のようです。

 ただ、収穫時期を迎えたプルーンについては、軸が弱い事もあって、場所によっては最大20%程度、落下したそうです。
時折、雨も降って来て・・・・車内から撮影、転がった小屋もありました。
 
ハウスも一部破損していましたが、走行した範囲の中で、目にしたのは、この一棟だけでした。

米はあちこち倒れていました

 
向かいの陸上競技場のフェンスの一部も壊れていましたが・・・・まぁ、なんたって、このフェンスも作られて20年くらい経過しており、風で飛んだのかは、分かりません。

国産初リンゴの19号・緋の衣は、今年も大きな実を付ています。

 
                わが家のトウキビは全滅・・・・ですが・・・

まずは、全町的には、被害は軽微だったようで、子供たちも、通常通りに通学していました。

 さて、昨年、全国的に話題となった、ド根性大根!余市町でも、ド根性トウキビを発見(◎◎)しました〜
 
 道路用地の砂利部分に・・・おそらく、どこからタネが飛んで来て、実ったのでしょうが・・・ちよっと、ド根性とは言えないかなぁ・・・・ちなみに、撮影日は9月11日でした。
 
 そして・・・・台風13号の時には・・・・すでに根元から消えていました・・・・


他の町角写真を見る