町角ショット 平成18年5月5日UP
    ☆余市神社植樹祭☆

 平成16年には台風があり、翌年の17年2月には大雪。そして17年〜18年にかけての冬は、前年をはるかに越える大雪となって、3年続けての自然災害となってしまいました。
 場所を問わず被害がありましたが、シリパ山の麓は、地形もあると思いますが、風も強く、また、雪も吹きだまりやすい場所になるようであり、この場所にある余市神社も被害甚大でした。
 
        
作業に当たり宮司から説明や注意を受ける
 今回、余市神社では倒れた木等の伐採が撤去が終わった事から、新たに植樹をする事になり、余市神社から町内各団体に案内がされ、5月4日、植樹祭が行われました。
当日は100名を越える人が集まり、とどまつ等を150本ほど、神社の裏山に植えました。ちなみに、人数が多かったので2時間程度で終わることが出来ました。
 
 余市町の神社の歴史は古く、記録として残っているのは、安永2年・1774年からのようで、文政10年・1827年に余市神社の前身が浜中町に出来たそうです。
 そして、現在の場所に移転されたのは、明治16年・1883年であり、現在の社殿は昭和52年・1977年に建てられています。
 
    
作業着が良く似合う〜と言われています・・・・
                  神社正面でも植樹が行われていました

 
今年の豪雪は社殿にも被害及びました。社殿正面右側の軒下の屋根が下がっており、足場が組まれていました。
 

 余市神社は来年には鎮座180年目となり、神道を信仰“する”“しない”は別として、この町に住んでいる方ならだれもが一度は訪れる場所であって、大切にして行きたい場所の一つですね。

 最近、余市神社を有名にした?当たる神社?簡易なものですが、信じる者は救われる!そして、あなたも億万長者(??)
 

 
  余市神社にある簡易札置きです。霊験新たかで、効果バッチリ〜のようです。ちなみに、「良い願いが叶う町」の神社巡りは、ゴールデンウィーク期間中は、かなりの方が神社巡りをしているそうですょ(??)。
 スタートは余市神社ですので、くれぐれもお間違いのなきように・・・


他の町角写真を見る