町角シヨット 平成18年11月15日UP
        ☆東中プレゼンテーション☆

 先日、東中学校に行くと学校長から『ぜひ、来て下さい』と案内を頂いたので、その様子を見に行って来ました。
 
             私も、この中学の卒業生です
 さて、余市東中学校は、町内でもっとも生徒数の多い学校となっていて、様々な活動をしています。
 その中の活動の一つというか授業の一環として『全校一斉プレゼンテーション』を開催しています。
 

 これは、『総合的な学習の時間』という事で、「自らを学ぶ意志をもって、自らが決めた目標に向かって主体的に取り組む生徒の育成」を学校の重点目標としています。
 その中で、各学年ごとに大テーマを決め、小グループに分かれ、それぞれのテーマに基づき“提言(プレゼンテーション)をする”というものです。
 
2年生のプレゼンです。コンピューターで画面を変えて映写しながらやっています。
 1年生 『今をみつめて』
 2年生 『豊かさを求めて』
 3年生 『未来をつくる』というテーマで、6会場、47グループのプレゼンテーションが行われました。

 
       
各部屋の前には、感想を入れる袋が用意されていました。
 1テーマ10分程度の持ち時間で、前半は現状の説明、後半は提言をする仕組みです。

 1年生はポスターを作成、2年生・3年生はパソコンを駆使してのプレゼンテーションでした。
 
 さらに、プレゼンテーションを聞いての感想もらい、かなり本格的でした。
 また、他校からの生徒も見学に来ていました。

 
        
さすが、3年生になると、本格的です。
 

 小さな提言でしたが、なかなかユニークな提言もあって見ていて、感心させられる事もありました。
 
左のセーラー服の学生は、他校の生徒でした。

 

 
 
 

 そして学生の頃から、こういう事を学ぶという事は将来に必ず役に立つと感じました。

※尚、生徒の顔が判別出来るものは、写真を加工し、判らないようにしましたので、ご了承下さい。

 
他の町角写真を見る