町角 平成17年12月18日UP
     
 ☆大雪に参った〜☆

 平成17年は雪の当たり年?なのでしょうか?
 今年に入り、1月から3月まで期間で、記録的だったかどうかは分かりませんが、いつもの年より倍以上の積雪となって、除雪・排雪に苦労しました。

 そして、今期の冬は、雪の降り始めは、早く、また、根雪になる時期もいつもより早かったようですが、降雪量としては、さほど、多く無く「今年の冬は、雪が少ないねぇ」と話していたのも、つかのま・・・・・
 どういう訳か、ドッと降り積もってしまいました。

 最初に来たのは11日からで、なんと、1メートルくらいが降ってしまいました。
 それ以後も、毎日、毎日降り続いて・・・・

 
 わが家の屋根の状況です。冷え込んでいるので、全然堕ちません。また、松に積もった雪も、寒いし天候が回復しないのもあって、つもるにいいだけ積もってしまいました。
 

 余市町の除雪・排雪状況としては、排雪は例年、年明けから始まります。これは、冬休みが終わって、通学路の確保という意味もあって、この時期から始まります。そして、余市町の歴史としては、かなり昔に、12月末に排雪をした事があったそうですが・・・・

 今年は、本当に異常です。

 余市町にはアメダスの計測地点があり、インターネット上で確認すると、今現在の積雪は118センチとなっています。

 これは、例年、年明けに排雪を始める時期と重なっていて、また、豪雪で知られる赤井川は現時点で119センチ。倶知安は116センチと表示されています。

 つまり、管内でも一番多い積雪がある事になりますが、余市町のアメダス地点は、雪が降らない?みたいで、14日の時には、アメダス上では13センチだったけれども、中心部では25センチくらい降っていました。

 通学路は優先的に除雪をされるのですが・・・車1台しか通れません。
 
                     脇道に入ると・・・

 天候が回復すれば、それなりに積雪も減るのですが、今回は一週間くらい降り続いているので、一向に減らず、増える一方です。
 おまけに、今年の雪の特徴としては、朝7時頃から降り始める傾向です。つまり、早い場所では除雪が終わった後に積もられるという事で、『なんで除雪しないんだ!!』となってしまいます。


 丁度、定例会中に降り続いていた事もあり、私も産業建設常任委員会の副委員長として、委員長とともに、担当課に「除雪態勢はどうなっている?」と聞いて来ました。

 その結果としては『排雪を始めます!』との事でしたが・・・・
 ですが、準備が整っていません。というより、ダンプカーが揃わないようです。

 北海道も予算削減で、この場所は信号の手前が坂になっているので、昨年まではロードヒーティングが入っていたのですが・・・切られてしまいました。
 
 また、北海道では除雪の予算が一番カットされた。との事ですが・・・降る量が多すぎて、対応出来なくなっているようです。ちなみに、この2枚は道道の写真です。


 例年でしたら、年前一杯は土木工事をしているので、時期的には、まだ、そちらの方を
している。
 また、例年の排雪の順番としては、国道・道道・町道となり、ダンプカーも順番に回って来るのですが、今回は一気に降ってしまった。そして、町内のダンプカーの台数も限られている。

 という事により、排雪が間に合わない状況になっています。


 ですが、要約、順次排雪も始まっているので、もう少し、我慢して下さい。

 ちなみに、私も、一日、朝の5時過ぎには起きて、除雪開始!。一日、6時間はトラクターに乗って除雪をしていて、ヘロヘロです。

 
国道は、裾切り排雪がされたようですが、道路わきに積み上げられた雪は、人の背の高さ以上あります。

国道の歩道もこんなになっています
 
               国道沿いのバス停も、この通りになっています

 

 でも、今から始めたら・・・・年明け早々には町の予算も、本当に無くなってしまいます。
 さて、余市町としても、本当に厳しい判断をしなければならなくなるでしょう。
町道ですが、ここは数日前に裾切排雪をしたばかりですが・・・もうこんなになっています。
 
                      
ここも町道で通学路です

みなさん、ご協力、よろしくお願い致します。


他の町角を見る