町角 平成16年6月6日UP
 ☆聖火祭・町民スポーツ大会開会式☆

 毎年開催されている、聖火祭と町民スポーツ大会の開会式が行われました。
 当日の予定では、聖火祭・聖火リレー・鼓笛隊パレード・開会式と一緒に合わせて行われる予定でしたが、なんと、当日は午後から雨になってしまい、音楽隊のパレードは中止。開会式も陸上競技場ではなく体育館内で行われました。
 雨なので致し方ないとは思いますが、小学校中学校音楽隊も、せっかく準備していたのに、残念だったでしょう。


第44回余市町聖火祭及び第37回余市町町民スポーツ大会
月日 平成16年6月5日 土曜日

目的 余市町の郷土
主催 余市町教育委員会
主管 余市体育連盟
後援 余市町 町内小中高等学校
参加団体・18単位団体  参加協力『スポーツ少年団14単位団体
 ソウトテニス協会   バレーボール協会  剣道連盟
 バスケットボール協会 卓球協会      軟式野球連盟
 水泳協会       柔道連盟      陸上競技協会
 バドミントン協会   ソフトボール協会  テニス協会
 セーリング協会    ゲートボール協会  スキー連盟
 クレー射撃協会   ソフトバレーボール連盟  パークゴルフ協会


聖火祭
 場所・時間 フゴッペ洞窟 1時45分〜2時
 巫女による火作り → 聖火リレー者に
   @フゴッペコース スタート2時05分
      フゴッペ洞窟→大川十字街→駅前→宇宙記念館→陸上競技場(2時40分)
   Aシリパ山コース スタート2時15分
      229号線→陸上競技場(2時40分)
※どちらのコースも聖火旗があり、町内中学生(1チーム12名)によるリレーで運ばれます。

開会式
 場所 余市町総合体育館アリーナ。 2時40分〜


 という訳で、私も今回は聖火リレーを最初から見学に行きました。

                
聖火が起こされ、トーチに移されます。
 
聖火の三角旗。リレーの12名は、全員、何かを持って走る事になっています。

小雨の中、第一グループがフゴッペ洞窟をスタートです。旭中学の1年生の男子でした。
 

第1中継所は登川でした。走者は同じく旭中学の女子生徒でした。
 

第2中継所は大川小学校前。旭中学から東中学の女子生徒にリレーです。
 

第3中継所は、北海道新聞社・余市支局前。東中サッカー部にリレーされました。東中サッカー部には女子選手もいました。
 

この後、入船十字街でシリパコースと合流。ゴールの陸上競技場には、一緒に入り、最終走者にリレーされます。
 

最終走者は東中陸上部のキャプテンで、キャプテンの手で、聖火台に聖火が移されました。

写真は画像処理によって、クリアになっていますが、実際は、聖火の煙でモンモンと曇っていました。また、雨で、気温も低く、見ている方は寒いくらいでした。

その後、体育館に移動しての開会式となりました。でも、雨だったので、いつもより出席した方は少なかったでしょうね。
 
最後は、聖火の最終ランナーであった東中陸上部キャプテンによる、選手宣誓で終了しました。

 野外の企画ものは天候に左右されるのは致し方ないでしょうが、やっぱり、外でゃった方がイィですね。ちなみに、夕方には雨は上がっていました。




他の町角写真を見る