他の壁新聞を読む

壁新聞No97 平成16年2月12日
   ☆沢町小学校グランド建設☆

 沢町小学校は、校舎棟・屋内体育館と完成し、さらに、旧校舎の解体も終わっており、残りは、グラウンド整備のみとなっています。
 2月12日、沢町小学校建設推進特別委員会が開催され、その中で16年度の予定のグラウンド工事が前倒しになる事が報告にされました。
 前倒しになる理由としては『国における予算編成は非常に厳しい状況下にあり、平成16年度屋外教育環境整備事業においても、予算の大幅な削減や、耐震性の確保などを含め、かつてない厳しい採択方針が示され、平成16年度予算枠内での実施に不確定な部分があるため、前倒しの上、平成15年度予算枠で進めるよう通知があったところであります』との事でした。

 建設概要は以下の通りです。

1.平成15年度予算対象事業
・平成15年度中に予算措置が可能なもの
・平成15年度入札・契約事務が可能なもの

2.事業概要
・沢町小学校外構整備工事
(1)全休工事
    グラウンド10,388m2 駐車場38台
    遊具広場、築山、メインアプローチ、学校菜園
    自転車置場50台
    事業費(概算)6000万円
(2)補助対象工事
    グラウンド10,388m2 
    事業費(概算)3500万円

    事業費内訳は、補助金、起債、−般財源とする。

3.今後の対応,
 平成15年度事業として認定申請、補正予算(繰越明許費を含む)の議決を願い、入札執行、契約締結後、工事着工する事となります。

 具体的には、15年度中にグラウンド工事契約を行い雪解け後にすぐに工事に入ることになり、これにより、工事終了時期が早まることになります。予定では16年7月頃には工事終了見込だそうです。
 尚、新グラウンドはあまり水を吸わない土を使い、ゆるい傾斜を付けて排水する仕組み取られます。これにより、雨天の日の翌日にはグラウンドがすぐに使えるそうです。
 

沢小建設経過を見る