他の壁新聞を読む

壁新聞No81 平成15年3月27日掲載
    ☆15年第一回定例会終了☆

 3月7日より開始された余市町議会、第一回定例会が27日、当初の日程通りに終了しました。
 今期定例会は、新年度の予算委員会も含まれており、この予算委員かは17日から27日までの実質7日間開催されました。

 今回の予算委員会は、年前から表面化した北後志衛生施設組合と、資源リサイクル業務を実施している北後志リサイクル協同組合との問題を巡り、来年度の事業実施等において混乱の委員会となりました。

 この北後志衛生施設組合は、余市・仁木・赤井川・古平・積丹で、一定の基準を基にして、各町村で負担金を出して運営てしおり、余市町は約60%の負担割合を出す事になっており、15年度の予算書上では、北後志衛生施設に対し、2億9000万円が負担金として出される事になっています。
 北後志衛生施設組合とリサイクル組合と問題は、12年度中から発生していたようで、14年度の事業実績と15年度の事業を巡り、質疑のやり取りが行われましたが、議会側から要求した資料請求の拒否、並びに答弁拒否等があり、午後11時過までやったのが2日ありました。
 昼食時間を除いた議員の拘束時間は、7日間で62時間、そのうち、町長の答弁調整(答えを考えるたの時間)で、29時間30分もの時間(全体数の48%)が費やされました。
 町長の今年の目玉とした出されたパークゴルフ場建設については、敷地面積で12500坪のうち、パークゴルフ場7600坪ですが計画では、7年計画で、15年度予算は、全額起債(借金)で1000万円の予算措置。16年度以後の予算措置についての答弁は、出されませんでした。

 採決の前に、議会側から公式に申し入れをする付帯意見事については、意見が分かれ、委員会採決が行われましたが、賛成少数で付帯意見の設置は出来ませんでした。
 本会議採決は、賛成9、反対6の賛成多数で、原案通りに可決されました。

平成15年度余市町会計別予算額総括表(千の位切り捨て)
 歳入(収入)、歳出(支出)ともに同額です。
会計区分    15年度当初予算額 14年度当初予算額     増減
一 般 会 計  85億2000万円   84億6000万円       6000万円
介 護 保 険  13億8709万円   13億3698万円      5010万円
国民健康保険  24億6100万円   24億0800万円      5300万円
老 人 保 険  32億0414万円   34億9834万円 ▲2億9420万円
簡 易 水 道   1億6919万円       8472万円      8446万円
公共下水道    17億7534万円   18億0165万円  ▲2億6311万円
総  合  計  175億1677万円  175億8971万円    ▲7293万円

水道会計   15年度当初予算額 14年度当初予算額   増  減
   収入    4億8696万円      4億8957万円     ▲261万円
   支出    4億6491万円      4億0041万円      6449万円
 差し引き額     +2205万円        +8916万円


 この他、前回の臨時議会において議決された医療費の条例改正に係わる問題で、提案が期限をすんでから提案された件に対し、「町民に混乱を招いた」との理由で、町長は20%1ケ月の、助役は10%1ケ月の減給処分を提案し、可決となりました。