No75・平成15年1月31日掲載
 ☆余市町議会第1回臨時会開催終了☆

 平成15年第一回の臨時会が1月30日・木曜日に開催され、議題は次の通りでした。
1,町長の行政報告(抜粋) 補償金請求事件について
 平成14年1月16日開会の平成14年余市町議会第1回臨時会におきまして、行政報告をいたしておりましたが、この度、平成14年12月18日に札幌地方裁判所小槽支部において町側の全面勝訴という判決があり、平成15年1月6日の控訴期間の経過によりまして、本件に係わる補償金請求事件につきましては確定致しました。
 これまでの経過の概要といたしましては、町道山旧中通り線の道路建設に伴いその取付道路の必要性から、平成5年度に道路調査設計委託更には平成6年度に上下水道管の布設工事を実施いたし、平成6年余市町議会第3回定例会において、「町道美園町196番団地2号線」として町道認定の議決を頂いたところであります。しかし、平成6年から当該土地の所有者である久保田司氏より買収と建物補償の実行について申し入れがあり、数回にわたり話し合いを重ねたところであります。しかしながら、平成13年12月11日付をもって、札幌地方裁判所小樽支部に対し、補償金請求の訴えが提起され、同支部において9回にわたる審理等を経まして、平成14年11月13日に結審し、結果、町側の全面勝訴の判決があったところであります。その後、原告側の法定控訴期間の経過により、判決のとおり確定致しました。

2,上記裁判結果に伴う、弁護士費用の補正
 319万2千円が成功報酬として弁護士に支払われました。尚、質疑では『完全勝訴したのであれば、弁護士費用の請求を求めるべきではないのか?』との質問が出されましたが、前向きな回答は致しませんでした。

3,沢町小学校体育館建設における補正
 沢町小学校の校舎工事は、本年度完成予定です。さらに、体育館につきましても、国の予算の前倒しにより、14年度内に予算を前倒しする事になりました。
 総予算では3億7590万円で、内、建設工事費としては3億7140万円です。

4,緊急質問
 今回の臨時会においては、役場側提出の議案の他に、私と熊倉議員により、昨年より問題となっているリサイクル事業にかかわる件について、本臨時会に緊急質問として町長に対し質問書を提出しました。
 緊急質問をした背景ですが、1月22日に文教社会常任委員会において、『15年度のリサイクル事業は、入札にする』との報告があった事によります。
 リサイクル問題については、昨年12月定例会において、自分と熊倉議員により、一般質問にて提出しましたが、町長答弁としては『組合の事項なので答えられない』と答弁拒否をしており、現在においても、詳細については議会に対し何も報告がありません。
 このままでは、リサイクル組合での雇用されている22名の生活問題も有り、また、何が問題なのかも分からない状況下では、今後の判断が出来ないために、質問書を提出しました。
 緊急質問の提出は、私も初めての経験であり、また余市町議会としても平成7年の余市川汚水事故以来の提出だったそうですが、議会ルールとして、本会議において、1件ずつ、全員にはかられます。
 熊倉議員は『資源ゴミ分別、収集問題について』と題して、私は、『北後志リサイクル組合における、裏契約と15年度のリサイクル事業について』と題しており、それぞれについて採決が行われました。
 結果、8対9の賛成少数で、質問は出来ませんでした。

他の壁新聞を読む