他の壁新聞を読む
ひろかず壁新聞No222  平成30年3月3日UP

      
☆平成30年第1回(3月)定例会開始☆

 本年最初と定例会が2月23日に告示され、3月5日から3月23日までの間、開催される事となりしまた。土日等は休みのため、実質13日間の予定で開催され、通常の定例会の3倍程度の日程となっています。
 定例会の議題としては、各会計の補正予算、平成30年度の予算案も提案された事により、この審議のために予算特別委員会が編成され、その中で審議されます。
 この他、国の条例等の改正による町条例の変更の議題も提案されておりますが、今回は民生関係の条例改正が多くなっております。
 平成30年度からの国民健康保険(国保)の運営について、現在は余市町が行っていましたが、都道府県によって運営される事になりました。これによって保険料の徴収について、余市町が北海道の代理で集めるという事となります。 尚、住民の方の手続き、また、病院にかかる場合も従来通りに受診も出来ますし、保険料の変更(値上げ)もある自治体もあるようですが、余市町では変更は無く、現状のままで実施されます。
 また、平成30年は介護保険の第7期のスタートの年に当たり、今後3年間の見直しが行われた結果、こちらも、保険料の変更は無く、現状まままで行くという提案がされております。

 一般質問は以下の8議員で8問となっています。提出者が少なくい要因としては、3月議会では、会派の代表質問があること、また、インフルエンザ等の体調不良の議員も多く、提出出来なかった事もありますが、提出議員、質問個数としては余市町議会としては、過去最低数の提出者と質問数となったのではないかと推測しています。

吉田 浩一 @嶋町長の2期目の総括と3期目の出馬について
藤野 博三 @スクールカウンセラーの現状と
         スクールソーシャルワーカーの配置について
大物  翔 @通学の交通費に関する公的助成について
茅根 英昭 @区会活動のあり方について
岸本 好且 @果樹の6次産業化と農商工連携について
安久荘一郎 @余市町の津波対策について
溝口 賢誇 @商工業・観光振興のためのシステム改革について
白川 栄美子@琴平団地の入居状況と今後の考え方について


 本会議、予算特別委員会、共に毎日、午前10時開会となっておりますので議会傍聴にお運びください。