他の壁新聞を読む
ひろかず壁新聞No220    平成29年9月13日掲載
  ☆平成29年 第3回(9月)定例会開始☆

 本年3回目となる定例会が11日告示され、14日から4日間の予定で開催されます。
連休を挟む事から、20日・水曜日までの予定となっています。
 定例会の議題としては、一般会計・介護保険特別会計・公共下水道特別会計の補正予算。国の法律改正の関係による条例改正。北海道の事務組合の組織変による規約の変更について。平成28年度の水道決算が上程されます。
 一般会計の補正の中身としては、毎年、この時期に提案されていますが、前年の中央バスの決算によって赤字となった協会病院線の維持のための補助金の支出。10月から実施される中学生までの医療費の補助金の支出等となっています。
 水道決算は、議員全員で組織する決算委員会に付託され審議される事となっていますが、前年の決算では、若干の黒字となった事から、利益の一部が積立金へと回される事となり、関係の議案も提出されています。なお、水道決算特別委員会の日程は、現時点では決まっておりません。
 一般質問は以下の8名の10問となっていますが、提出議員、質問個数としては少ない方となってしまいました。

吉田 浩一 @余市町の電力契約について
      A余市町の海水浴場の開設と管理について
大物  翔 @災害への備えと電力確保について
岸本 好且 @河川の水位計の設置状況と情報収集について
庄  巖龍 @高速道路供用開始に伴う余市町のまちづくりについて
安久荘一郎 @余市町の交通政策について
中谷 栄利 @子供の貧困対策と就学援助制度の
        抜本的拡充及び給食費の無料化について
      A一次産業の振興を中心とした町づくりと
            グリーンツーリズムの推進について
茅根 英昭 @余市町の公共施設の現状と今後について
近藤 徹哉 @浅海漁業育成に対する行政としての今後の方方針について

 定例会の開催期間は4日間ですが、後期の議会も始まった事により、各委員会の協議会等も開催される事から、本会議を休憩しての開催となる場面も多くなるのではないかと推測されます。
 前回の選挙後、議会傍聴にお見えになる方も、少なくなっている事から、お時間がございましたら、議会傍聴にお運びください。本会議は、毎日、午前10時から開始となっております。