他の壁新聞を読む
ひろかず壁新聞No217 平成29年3月24日掲載
☆平成29年第1回(3月)定例会終了、平成29年度予算成立☆

 3月6日から始まった、平成29年第1回定例会。新年度の予算を審議する平成29年度各会計予算特別委員会(以下、予算委員会)も含め、当初の日程通りの24日、すべての日程を終了し、無事、3月定例会を終了しました。
 3月定例会の目玉である予算委員会では、私、吉田ひろかずが、昨年の予算委員会に続いて、2年連続の委員長職を預かることとなり、14日から審議が始まりました。
 当初の予定では23日までの予定となっていましたが、審議も順調に進み、予定より1日早く、22日に委員会採決を行い、予算案は委員会を通過、24日の本会議において、最終採決を行い、平成29年度予算は無事成立となりました。
 尚、採決結果は、以下の通りでした。
  会 計 名         採決結果
 一般会計予算       全会一致
 介護保健特別会計     賛成14 反対3(共産党議員団)
 国民健康保険特別会計   賛成14 反対3(共産党議員団)
 後期高齢者医療特別会計  賛成14 反対3(共産党議員団)
 公共下水道特別会計    全会一致
 水道事業会計       賛成14 反対3(共産党議員団)

 予算委員会が当初予定より早く終了した要因としては、質疑が集中した事項は無く、また、予算案としても、特別な目玉も無かった事によります。尚、質疑をした議員と、質問個数としては、例年並と感じていました。

        ☆過去3年間の各会計の年度当初予算☆
      平成28年度当初予算 平成28年度当初予算 平成27年度当初予算
一般会計   82億6000万円  79億5000万円  82億3500万円
介護保険   24億3381万円  23億9622万円  23億4927万円
国民健康保険 32億6200万円  33億3300万円  33億2600万円
後期高齢者医療 2億9930万円   3億0400万円   3億0700万円
公共下水道  12億3491万円  12億1490万円  12億6651万円
合   計 154億9003万円 151億9812万円 154億8378万円

水道事業会計
収益的収入 収入7億0647万円   7億0800万円   6億8901万円
      支出6億9083万円   7億1339万円   7億1659万円
 単年度収支   +1564万円     ▲539万円    ▲2758万円
資本的収入 収入2億3820万円   1億2191万円     1882万円
      支出4億9171万円   3億6714万円   3億5098万円

 今期定例会では、任期満了に伴う、特別職である副町長と教育長の人事案件が提案され、全会一致で議会同意となりました。尚、教育長は従来は、教育委員の中で、互選をされていたのですが、国の組織改革の一環として、町長が提案できるようになりました。
 新たに選任された特別職の方は、以下の通りです。
◎余市町副町長
 鍋谷 慎二 昭和31年生まれ
    昭和50年より余市町に奉職 議会事務局長、行政改革課長、総務部長を歴任
   平成25年4月に副町長(現在)。
議会での同意後の就任挨拶『4年間、副長職にあり、初めて気付いた事、気付かされた事もあり、この経験を活かして、いつまでも住み続けたい町、余市町に一歩でも近づけたいと考えております』(自分のメモより抜粋しました)

◎余市町教育長
 佐々木 隆 昭和33年生れ
    昭和51年より余市町奉職 町民福祉課課長、総務部長、現・民生部長。
議会での同意後の就任挨拶『教育部門は初めてではありますが、与えられた職責を全うして行きたいと考えております』(自分のメモより抜粋しました)

 以上、予定されていた議案はすべて行い、また、目立ったトラブルも無く、無事終了した3月定例会でした。