他の壁新聞を読む
ひろかず壁新聞No214 平成28年12月12日UP
   
☆平成28年第4回(12月)定例会開始☆

 本年、第4回の12月定例会が告示され、12月13日から開催されます。議会日程としては16日までの4日間の予定です。
 今回の定例会の議案としては、平成27年の決算委員会も終了した事による、決算の本会議採決。また、民生環境常任委員会に付託された介護関係の一部条例改正案の本会議採決が予定されています。
 この介護関係の中身ですが、小規模の通所型介護事業の認可は、都道府県でしたが、これからは、町村が指定する。という内容で、私、吉田浩一が委員長報告をする事になっています。
 他の議案としては、各会計の補正予算では、人事院勧告による人件費関係の議案、また、余市協会病院に対する夜間救急業務の支援予算他が予定されています。
 さらには、条例の一部改正案が提案され、その概要ですが、放課後児童クラブの学年枠の拡大、介護関係では国の法律改正に伴う文言等の整理、ふるさと納税の内容変更、国民健康保健税の一部改正等が予定されております。
 尚、国民健康保健税の改正は、国の示す標準的な仕様にしようとするもので、議員全員で構成する特別委員会に付託され、審議される予定です。

 定例会に提出できる一般質問は、以下の10名、13問となっております。
吉田 浩一  @栄小学校の校舎等の今後の活用について
       A高齢者の自動車運転免許証の自主返納について
野呂 栄二  @農業の現状と新規就農者受け入れについて
大物  翔  @就学援助制度における無料低額診療事業利用について
       A就学援助制度の新入学期の前倒し実施について
庄  巖龍   @町民重視の余市町庁舎改築計画について
岸本 好且  @本町の学校トイレ様式化の推進について
土屋美奈子  @特定不妊治療と不育治療の助成制度について
安久 莊一郎 @学校図書館について
中谷 栄利  @JR北海道の在来線及び
            函館本線並びに並行在来線の存続について
近藤 哲哉  @介護保険における「総合事業」について
白川 栄美子 @発達障がい支援の充実の法改正について
       Aことばとまなびの教室について高齢者、
            障がい者等単身用の住宅の考え方について

 余市町の議会は、午前10時から始まりますので、お時間のございます方は、役場3階までお運び頂き、議会傍聴においで下さい。