他の壁新聞を読む
ひろかず壁新聞No206 平成27年9月14日UP
     ☆平成27年第3回定例会開催☆

 改選後、初となる定例会が9月15日から開催されます。
 今回の定例会は、国の法律改正に伴う、町条例の一部改正の議案が多くなっています。この中では、マイナンバー制度実施にかかわるものもあります。
 各会計の補正予算の中で、一般財源から出されるものとしては、協会病院バス路線に対する補助金500万円、美園墓地法面等測量業務委託料195万円、空き店舗等活用支援補助金160万円など、おおきな金額が追加されております。
 この他、平成26年度の水道決算が提案され、特別委員会が組織され審議されますが、前年度の決算としては、単年度でもまた、累計としても約600万円弱の赤字決算となっていました。
 定例会に議員側から提出出来る一般質問は以下のとおりです。今期、改選を迎えましたが、1・2期目の議員5名の全員提出しており、初めての質問者が多い事から、どんな展開になるのか注視をしています。

茅根英昭  @ふるさと納税による財源増について
吉田浩一  @余市町における食育推進基本計画の策定について
      A会津若松市との交流と提携について
藤野博三  @コミュニティ・スクール制度の導入について
      A女性の職業生活における活躍の推進に関する法律について
野崎奎一  @北海道横断自動車道余市IC(仮称)開通後の道路整備について
安久莊一郎 @憲法9条を柱に、町民の安心、安全を守り抜くことについて
      A除排雪対策について
中谷栄利  @泊原発再稼働中止と自然再生エネルギーについて
      A住宅改修(リフォーム)支援補助制度の期間延長について
大物 翔  @保育所における、おむつの持ち帰りについて
      A子どもの医療費無料化年齢の中学卒業まで引き上げについて
庄 巖龍  @余市町におけるフッ化物洗口の取り組みについて
土屋美奈子 @子どもを安心して産み育てる環境の整備について
岸本好且  @ふるさと住民票について
白川栄美子 @高齢者の地域での見守り事業の推進について

 日程は15日から18日までの4日間の予定となっており、毎日、午前10時から開催されますので、役場3階の議事堂まで、お運び下さい。