他の壁新聞を読む
ひろかず壁新聞No201      平成27年3月3日掲載
  
☆余市町議会 平成27年第1回(3月)定例会開催☆

 平成27年第1回定例会が始まります。3月の定例会という事で、新年度予算委員会も含まれる事から、3月25日頃までの開催と、ほぼ、毎日、議会が開催されています。
 議案としては、3年に一度、見直しがされる介護保険について、平成27年度から新たな計画と保険料となり、本会議採決が行われます。
 2月末の第1回臨時会に提案され、保険料としては、平均4.1%の値上げ率として提案、議員全員参加の特別委員会の中で審議され、委員会採決としては、起立多数で、原案可決となっております。
 この他の議題としては、各会計の補正予算、国の法律改正にかかわる条例改正も、含め、議案だけで、現時点で24本が提案される見込みです。
 さらに、新年度に当たり、町長と教育長の執行方針もありますが、前年の予算は、起立少数によって、『否決』された事もあり、『新年度予算は、なんだかんだと言って、議会を通る』という常識は崩れており、今まで以上に緊張した議会が続くと推測されます。
 一般質問は以下の通り、9名の議員から16問が提案されています。
吉田 浩一  @シルバー人材センターと余市町の係わりについて
野呂 栄二  @公営住宅の環境整備等について
藤野 博三  @人口の減少に伴う余市町経済の将来設計について
佐々木 正江 @子どもの医療費無料化年齢の拡大について
       A就学援助制度について
土屋 美奈子 @国のエネルギー政策と泊原発の再稼働について
近藤 徹哉  @子育てを主体とした"まちづくり"について
中谷 栄利  @国保の都道府県単位化について
彫谷 吉英  @後志地域生活交通確保対策事業費補助金について
       A観光の経済波及効果調査について
       B活力ある商店街づくりの推進について
       C空き家対策条例制定について
       D人口減少問題について
溝口 賢誇  @農業振興協議会について
       Aふるさと納税について
       B「地方創生」について

議会は毎日、午前10時から開催しますので、議会傍聴にお運び下さい。