他の壁新聞を読む
ひろかず壁新聞No200 平成26年12月10日掲載

   
☆余市町議会第4回(12月)定例会開催☆
 本年最後の第4回定例会が告示され、12月11日から、定例会がスタートします。
 今期定例会に提案の議案は、各委員会に付託され、審議が終了した議案4件の委員会審査結果報告があります。
 委員会の審査結果としては、民生部関係の新規条例が2本で、これは、委員会ではどちらも『全会一致』で『原案可決』となっています。
 平成25年水道決算委員会については、『起立多数』で『認定』となっています。
 さらに、9月定例会において、議会運営委員会に付託された、『議員定数削減に関する請願書』については、『起立少数』で『不採択』との結論に達しました。
 現在の委員会編成としては、議会運営委員会を除いて、委員会構成として、すべての会派が入っている訳ではなく、また、現状、会派に所属しない議員3名(安宅議員・庄議員・吉田ひろかず)がいる事によって、委員会結果と本会議での採決結果が変わる可能性もあり、本会議での採決が注目されます。

 この他、理事者側提案の議案としては、一般会計を含む各会計の補正予算の他、過疎際の指定に伴う条例改正案の提案等が予定されております。
 また、先送りになった平成25年度各会計決算委員会の開催は、現時点では未定となっており、この状況が続けば、今後の議会日程に支障をきたす恐れが出てきました。
 年明けには、各種の審議予定が目白押しとなっており、年度末までにはかなりタイトな議会日程が予想されます。

 一般質問は以下の通り、8名の議員から10問が提案されています。
吉田 浩一 @開運・文化財めぐりについて
      A町営住宅山田団地のトイレについて
野崎 奎一 @介護予防ポイント制について
辻井  潤 @農業の振興策について
      A不登校の現状と予防策について
土屋美奈子 @区会・商店街の街路灯維持管理の状況について
岸本 好且 @「要支援サービス」の一部、自治体への移行について
佐々木正江 @後期高齢者医療制度について
中谷 栄利 @介護保険料について
近藤 徹哉 @ふるさと納税制度の課題と方針について

議会は毎日、午前10時から開催しますので、議会傍聴にお運び下さい。