ひろかず壁新聞No197 平成26年6月16日UP
  
☆平成26年余市町議会第2回(6月)定例会開始☆

 本年第2回目の定例会が6月17日、火曜日から始まります。
 今回の定例会での議案は、一般会計補正予算の他、第三セクターの第一清掃公社、余市振興公社、まほろば宅地管理公社の決算報告の承認。また、新たに、仁木町と古平町住民の方がパスポートの申請をする場合、今までは、倶知安の後志総合振興局に出向いていたものを、余市町の窓口で申請出来ることとなり、そのための事務受託の承認について。町有財産取得として小型ジャンプ台を購入すめための議会承認。その他となっています。

 定例会での一般質問は、私を含め、7名の議員からとなっており、いつもより、少なめです。
吉田 浩一 @給食費の未納について
      A余市フィッシャリーナ(マリーナ)について
野呂 栄二 @ふじ公園でのサッカー競技の利用について
岸本 好且 @児童生徒の就学援助について
      A子どもの読書活動の推進について
佐々木正江 @介護保険制度について
近藤 徹哉 @「まちづくり」による移住・定住政策について
彫谷 吉英 @労働福祉会館敷地内での臨時職員の
              転落事故の責任及び損害賠償について
      A人口減少と過疎地域指定について
      BNHK朝ドラ「マッサン」について
中谷 栄利 @嶋町政4年間の検証について

 
6月14日付けの新聞報道において、任期満了に伴う、8月19日告示、24日投票日の余市町長選挙に、『現職の嶋町長が再出馬の意向を表明した』と掲載されました。
 現時点では、他の町長候補者のウワサもありませんが、期日も確定したことにより、選挙戦も本格化して来ると推測されます。
 また、町長選挙と同時に行われる議員1名の補欠選挙についても、現時点で出馬表明をされている方は、おりませんが、こちらも、必ず候補者が出て来ると考えております。
 どちらにしても、注目される定例会ですので、議会傍聴に是非お運び下さい。尚、議会開始時間は、毎日、午前10時からです。
他の壁新聞を読む