壁新聞No156 平成21年12月9日UP
  
☆余市町議会、第4回・12月定例会開始☆

 12月10日から15日までの予定で、余市町議会第4回定例会が開催されます。
 今回の定例会では、先日『不認定』で終了した平成20年度決算委員会の本会議採決が行われ、最終結論が出されます。
 平成19年度においては一般会計で6500万円の繰り越し赤字となりましたが、決算としては『認定』されました。
 平成20年度においては繰り越し赤字を解消するだけでなく、約5000万円の黒字決算となりました。ところが、決算委員会では『不認定』となってしまいました。
 決算委員会終了時点で『意義有り』の声があり、採決をしたところ、賛成・反対が同数となった事から、委員長が採決を行い『不認定』となったものです。
 本会議での採決では採決参加議員の数が違う事により、委員会終了時点と事なる結果もありえますが、微妙な採決結果となりそうです。

 議案については、一般会計の補正予算を含む、各会計の補正予算、また、小中学校におけるコンピューターの更新が行われます。また、一般会計の中で、議案の一部修正がある見込であり、場合によっては会期延長もありえます。
 尚、定例会に議員側から提出された一般質問については、以下の10名が提出しました。

平成21年余市町議会第4回定例会一般質問(受付順)
野呂 栄二 @農作物の鳥獣被害状況と被害防止対策について
吉田 浩一 @あゆ場公園について
      A余市町におけるネット関係について
山本 哲男 @定住自立圏構想について
佐々木 正江 @子どもの医療費無料化の拡大について
      A学校給食と食育について
野崎 奎一 @防災マップの周知と避難について
熊倉 義城 @新ワッカケトンネル開通に伴う
             未解決の住民要望の今後の対応について
      A中小商工業者の年末金融対策について
近藤 徹哉 @医療制度改革に伴う本町の責務について
白川 栄美子 @精神のケアの対応と保健師の人員の確保について
渡辺 正治 @緊急雇用・生活支援対策について
      A西部地域における公衆浴場の設置について
      B新幹線の札幌延伸と並行在来線の存続について
土屋 美奈子 @非正規公務員の雇用状況について

他の壁新聞を読む