壁新聞No134 20年3月3日UP
   ☆平成20年第1回(3月)定例会開始☆

 3月4日・火曜日から余市町議会第1回(3月)定例会が開始されます。

§平成20年度の予算§
 平成20年度の予算(当初予算)については以下の通りです。
           20年度        19年度      増減
一般会計   78億7800万円   77億3000万円   +1億4800万円
介護保険   19億5146万円   18億1485万円   +1億3661万円
国民保健   28億4718万円   30億2272万円   ▲1億7554万円
老人保健    3億0834万円   28億6214万円  ▲25億5381万円
後期高齢者医療 ※20年度より新設です。その関係で老人保健が下がりました。
        2億7519万円         0      2億7519万円
簡易水道      8466万円      7159万円     +1307万円
下水道    15億2852万円   14億9707万円     +3145万円
  合 計 148億7335万円  169億9838万円  ▲21億2503万円
                   ※千の位四捨五入。歳入と歳出は同額です。

水道会計
 収益関係収入 6億0244万円    5億2379万円     +7865万円
     支出 4億4141万円    4億4178万円       ▲37万円
 資本関係収入25億5398万円    5億5536万円  +19億9862万円
     支出27億7735万円    7億6968万円  +20億0767万円
                               ※千の位四捨五入

 すでに新聞紙上で報道されておりますが、平成20年度の一般会計は約3億9000万円の歳入不足となる、いわゆる“赤字予算”となっています。
 年度当初の赤字予算編成は、平成18年度からであり、3年連続ですが、決算時点においては、18年度は収支均衡がとれました。
 19年度については2億円程度の実質赤字の見込みです。さらに20年度については人件費の削減によって、2億円程度まで圧縮出来る見込みとなっています。


§議会日程について§
 3月定例会は新年度の予算委員会を含んでいるために、長期間の日程となっています。本会議と3階の会議室を使った議員全員参加の特別委員会となっています。
 毎日10時から開会しますので、議会傍聴のため、是非とも、役場3階にお運び下さい。

◇会期予定 3月4日から3月21日までの18日間(実質審議13日間)
 日 曜日 種 別     内容(予定)
 4 火  本会議   第1回定例会開会 委員会審査結果報告、一般質問
 5 水  本会議   一般質問
 6 木  本会議   一般質問
 7 金  本会議   平成20年度町政執行方針及び教育行政執行方針、
            各会計予算説明
 8 土         休  会
 9 日         休  会
10 月  本会議   代表質問
      予算特委  予算特別委員会設置(正副委員長互選、理事会設置・開催)
11 火  予算特委  予算委員会 歳出全般(質問出来る箇所については
12 水  予算特委    〃    〃     進行状況によって変わって来ます)
13 木  予算特委    〃    〃
14 金  予算特委    〃   歳入全般
15 土         休  会
16 日         休  会
17 月  予算特委  予算委員会 民生部関係特別会計全般
18 火  予算特委  予算委員会 建設部関係特別関係全般
19 水  予算特委  各会計予算採決
20 木         休  会
21 金  本会議   予算特別委員会結果、本会議採決


§一般質問について§
 今回の定例会に、一般質問を提出した議員は10名で11問となりましたが、私が議員就任以来、もっとも少ない提出者となってしまいました。
 尚、私の今回の一般質問では、22年4月開校予定の『新しい高校』についてと題して提出をしております。
 新しい高校は“総合学科”となる事が決定されていますが、学科内容等を含め、既存の高校と、どう切り替えるのか?がよく分かりません。
 高校は北海道の管轄になりますが、余市町としてどのようなスタンスで、また、北後志に残る道立高校として、どうあるべきなのか。という事項を質問して行きたいと考えております。


他の壁新聞を読む