壁新聞No123 平成18年12月11日掲示
      
☆平成18年第4回定例会開始☆

 余市町議会、第4回定例会が12月12日から15日までの日程で開催されます。
 今回の定例会では15名の議員が一般質問を提出し、13日から受付順の順番でおこないます。
 今期定例会では、先般、新聞に掲載された、後志広域連合の規約等に関しての提案がされる見込みです。
 平成の大合併において、北海道は合併した市町村が極めて少なく、後志としては合併では無く、広域連合として、事務の合理化等を図る計画を立案、その実施に向けて事務レベルで協議を進めて来ました。
 その結果、骨子、並びに、おおよその経費の概算も出た事から、後志の全部の町村議会で、これに対する規約案等の承認が求められる事になりました。
 余市町としては、19年度と20年度で、約1億円の負担見込となることもあり(後志19町村では、余市町がもっとも多く、負担する事となりました)、はたして、この連合に参加すべきかどうか?という内容も含めて、議会としてどう判断をするのか?ということが議論される事となりました。
 この広域連合が、本当に余市町のためになるのか?ということが問われ、議会としても重大な判断をしなければならないこととなりました。

平成18年余市町議会第4回定例会一般質問(受付順)
吉田  浩一 @地域包括支援センターについて 
         A除排雪業務について
野呂  栄二 @食品の新農薬規制導入後の状況について
佐藤    敏 @教育問題について
土屋 美奈子 @学校給食と食育の推進について
溝口  賢誇 @新規就農に対する行政の取り組みについて
野崎  奎一 @樹園地農道、登西山手線の拡幅整備について
佐々木  正江@「認定こども園」制度について
         A除排雪対策について
吉田    豊 @原発耐震基準の改正と泊原発の安全性について
藤野  博三 @地方分権改革に伴う教育改革の推進について
中井  寿夫 @余市町の人口問題から考えるまちづくりについて
岩戸  てる子@安心して暮せる地域力について
         A国旗・国歌の適切な指導について
         B平成19年度の町財政課題と取り組みについて
熊倉  義城 @高額医療費受領委任払いについて
         A緊急を要する季節労働者対策 
                と雇用保険特別一時金の廃止、改悪問題について
中谷  栄利 @「放課後子どもプラン」について
         A障害者自立支援法について
白川 栄美子@余市港のトイレの改修の進捗状況について
         A高齢者、身障者への除雪対策について
松原  友香 @本町の基幹産業である農業・漁業(水産加工業)の振興と将来像について
         Aゴミ有料化に伴う今後の課題と対策について

 定例会はどなたでも傍聴が出来ますので、ぜひとも、議会傍聴にお運び下さい。


他の壁新聞を読む