壁新聞No122・平成18年11月19日UP
    ☆第4回・吉田ひろかず町政報告会終了☆


 第4回目となる、個人としての町政報告会を開催しました。

 と き 平成18年11月17日 金曜日 
 じかん 午後6時30分〜午後7時50分まで
 ばしょ 中央公民館2階
 かいひ 500円

 当日は週末の金曜日という事、また、道路状況としては昨日の雪が残った状況でしたが、多数の方にお集まりを頂きました。
 
       
受付でみなさんをお迎えです。今日は髪の後ろが立ってましたぁ〜。
 松浦一法後援会長の挨拶の後、すぐに町政報告に入り、45分に渡り現在の状況とこれからの推移を話させて頂きました。
 講演した内容は、会派退会理由→定数削減による影響→知事選のもたらすもの→後志連合→余市町の向かう方向   でした。

 その後、質疑応答を頂き、4名の方から、ご質問・ご意見を頂きました。さらに、お祝いメッセージを頂きましたで、ご披露させて頂きました。
報告会のスタート。いつも緊張します・・・。
 
 北海道議会議員 さくい繁樹 様
 北海道議会議員 村田のりとし 様
 はちろ吉雄事務所 いちはし修治 様
この場を借りて、お礼申し上げます。ありがとうございました。
         資料も配布して、現在の町政の説明を・・・・
 
 さて、私は、議員職を預かって以来、13年5月1日、14年11月27日、17年6月1日、そして、今回、17年11月17日と、4回、個人として町政報告会を実施しましたが、現在の町議で、私のような“個人”という形で、町政報告をしている議員は聞いた事がありません。
 議員の役目の一つには、役場からの情報を住民に伝える、また、この反対に住民の要望を役場に伝える。という事があり、そのためには、このような形の報告会等を公式に開催してゆく事が、もっとも効率的であり、さらには、議員という役職の理解を得られるものだと考えています。
 これからも報告会を続けて行きたいと考えておりますし、また、このような報告会を各議員が開催して行けば、議会も活性化するのではないでしょうか。


以下、頂いたメッセージの全文です。

 吉田ひろかず町議をご支援される多くの皆様がご参集の中、町政報告会が盛大に開催されますことを心よりお慶び申し上げます。
 今後もその卓越した政治手腕により一層磨きをかけていただき、余市町の未来の為にご活躍いただけますようご祈念申し上げますと共に、吉田ひろかず町議へのご参集の皆様のより一層のご支援を心よりお願い申し上げます。
             平成18年11月17日 北海道議会議員 さくい繁樹

 
議員となって、増えたもの・・・体重(ストレス太り〜です)と白髪・・・
       減ったもの・・・髪の毛(う〜ん、これは、年のせいでしょうか??)

                                   
かな???
 吉田ひろかず町政報告会が日頃よりご支援をいただいております皆様と多くの方々のご参加をいただいて本日ここに盛大に開催されますことに心からお慶び申し上げます。
 吉田町議におかけましては町議当選以来、その高邁(こうまい)な識見と卓越した政治手腕を遺憾なく発揮され、そしてその幅広いご活躍は自他共に認められるところであります。
 今後は豊かな経験を生かされ地方自治の育成と地域の発展のため、なお一層のご尽力を賜のますようお願いいたしましてお祝いのご挨拶とさせていただきます。
 ご参会いただきました皆様のご健勝ご多幸を心より祈念いたします。
             平成18年11月吉日 北海道議会議員 村田のりとし

 
                     
本日は、ありがどうございました。
 吉田ひろかず町議の町政報告会にご出席の皆様、ご苦労様でございます。まずは本日の報告会の開催おめでとうございます。
 私は、黒川町在住の衆議院議員はちろ吉雄事務所の市橋修治でございます。日頃、はちろ吉雄、そして私も含め、皆様には特段のご支援を頂いておりますこと感謝申し上げます。 この9月、5年半の長きにわたった小泉政権は安倍政権へとバトンタッチを致しましたが、中央と地方の格差の拡大、交付税一削減に象徴される地方切り捨て、そして障害を持つ人たちやお年寄りをなどいわゆる社会的弱者と呼ばれる人たちへの切り捨ては怒りを禁じ得ないものがあります。加えて現在開会中の臨時国会でも教育基本法改正や防衛庁の省への昇格など今、私たちが切望している景気雇用対策や待ったなしの少子高齢化に向けた施策などを後回しにして会期を折り週そうとしています。今さらながら国民の安全・安心を保障する政治の大切さを声高に叫びたい思いです。
 そんな地方財政、地方自治の厳しい中、余市町議会で大活躍の吉田ひろかず町議は今、もっとも期待される若手のホープです。積極果敢な議会活動、情報のアンテナも高く、何よりも視線が町民と同じ高さにあるところがいい。町政報告会を今日の様に開催している議会議員を少なくとも管内では私は知りません。お集まりの皆さんには是非とも絶大なるご支援を持って更に大きくひろかず町議を育て、大きく飛躍させて頂きますようお願いをするところです。
 私も、はちろ衆議、ひろかず町議を目標として、政治は地方から変える、有権者の1票、1票が政治を変える。その信念で今後、政治活動を歩んでいきたいと思っています。
 最後になりますが、本日のひろかず町議の町政報告会が皆様にとって有意義でありますようお祈りし、お祝いのメッセージとさせていただきます。ありがとうございました。
       2006年11月17日 衆議院議員はちろ吉雄事務所 いちはし修治


他の壁新聞を読む