壁新聞No119 平成18年6月9日UP
   ☆余市町議会第2回定例会開催☆

 余市町議会第2回定例会が6月10日・月曜日から15日・木曜日までの4日間開催される事になりました。
 今回の定例会では、雪害における修繕費等の予算計上の他、各公社(余市町土地開発公社・北後志第一清掃公社・余市振興公社・余市宇宙記念館)の決算報告がされます。
 一般質問は、9日より開始されますが、新自治研究会所属議員は、以下の通り4名が提出しました。

野呂 栄二  水産関係事業所への外国人研修生の共同受入について
土屋 美奈子 子育て支援について
吉田 浩一   地域包括支援センターの開設予定について
       給食費の公費負担について
松原 友香   町村合併問題の今後について

 この他の一般質問としては、
 ごみ問題について・タイヤ公園代替地について・余市警察署沢町駐在所について・児童の防犯体制の取り組みについて・豪雪による農業被害の対策について 等が提出されています。

 議員定数の問題では、この問題を審議している議会改革活性化調査特別委員会から委員会中間報告がされ、現在の審議進捗状況がされます。 
 また、先般発表された北海道が示した町村合併問題については、現時点では、議会審議がつれておりませんが、一般質問の中で、町長がどのような考え方を示すのかが、非常に興味があります。
 お時間がございますれば、ぜひとも議会傍聴にお運び下さい。


他の壁新聞を読む