吉田ひろかずニュース   No114 平成17年12月9日

      
☆余市町議会12月定例会開始☆

 12月は議会的には前年度の決算等があります。余市町の議会では、決算委員会は議員全員参加の特別委員会となっており、定例会とは別けた日程が組まれます。
 前年度の決算認定については、今月号の余市町広報に掲載された通りの数値で、12月2日から7日まで行われ、賛成多数で承認されました。

 12月定例会は12月13日・火曜日から15日、または16日まで実施される見込みです。

 定例会においては、各議員から一般質問が提出されますが、所属会派の新自治研究会では、所属議員6名全員が以下のテーマで一般質問を提出しております。
 
議員氏名  テーマ
野呂栄二  地球と人間の環境を考えたバイオマスの利活用について
土屋美奈子 除排雪について
吉田浩一  建議要望書について
          (17年新自治研究会提出建議について)
吉田 豊  人口減社会における地方自治体の在あり方について
佐藤 敏  化学物質過敏症の対応について
      登下校の安全について
松原友香  道立余市高等学校の間口維持問題について
      資源ゴミの今後について

 今回の一般質問については、先般開催しました、新自治研究会第3回報告会で寄せられた意見、要望等を参考にして、各議員が分担して質問を実施しております。

 他会派所属議員からも一般質問は提出されていますので、是非とも、議会傍聴にお越し下さい。


他の壁新聞を読む