他の壁新聞を読む

壁新聞No102 平成16年4月30日UP
   ☆合併アンケート結果☆

 4月号町広報と一緒に配布された、町村合併におけるアンケート結果について、4月30日開催の余市町議会合併調査特別委員会で、その結果が報告されました。

 合併協議については、昨年から北後志任意合併協議会が6回、開催されており、5町村で合併した場合のひな型として“5ツ星のふるさとをめざして”という小冊子が発刊されました。
 余市町の動きとしては、この小冊子を3月広報と一緒に配布、3月中に7回の説明会を開催した上で、4月号広報と一緒に、各戸に1票の投票用紙が配布されました。

 小冊子の配布やアンケートの取り方、また、投票の仕方等には一応の申し合わせ事項はありましたが、各町村、別々な様式になっており、余市町では4月15日に締め切りとなっていました。

 さて、アンケート結果は、以下の通りでした。

配布部数  9048(町広報配布数と同じ)
回収数   3472
回収率   38.4% 

賛成   2273 回収数の中での割合 65.5%
反対   1149    〃      33.1%
未記入    39
無効     11


 さて、余市町長のアンケート結果に対する方針としては『回収率50%を越え、さらに、その中での50%を越えた方の結果を尊重してゆく』との事でしたが、結果としては、回収率は38%台という結果になりました。

 委員会ではアンケート結果が出た事から、町長に対し『今後、どういう方向で進めるのか?』という質問が出され、上野町長としては
『今の段階では、合併法定協議会に入る条件は整っていないし、他町村に合併法定協議会に呼びかけることは出来ない。』という答弁をしました。

 余市町では、この結果については5月号広報において、公開されますが、他の町村では、まだ結論が出ていない事。さらには、任意合併協議会が北後志5町村での合併としていた事から、来年3月末までに合併をするとした場合、6月中に、各町村で議決をして法定協議会に参加をしなければならない事から、時間的に余裕が無くなっています。
 合併については、今後も、新法の動きもあり、また、5町村ではない場合の合併も考えられますが、まだまだ流動的であり、今後、どう動くかは分かりません。

 なお、私は合併調査特別委員会の所属議員ではありませんが、傍聴に入りました。