一般質問 平成18年11月29日UP
      
☆12月定例会質問事項募集☆

 久々にこのページのUPと、一般質問事項の募集を致します。



 議会日程というのは、大きくは変化が無いのですが、今年の場合、今までは前年の決算委員会は、12月定例会の直前に行われていたのでしたが、今年は、2週間ほど早く実施されました。
 これによって、何が変わったのか?ですが、12月定例会までの時間がある程度、持てるようになった。つまり、今までは、決算委員会の質問事項と12月定例会の質問事項とを一緒に考えなければならない。という事で、それなりに大変でした。

 さて、話題的にはチヨットそれますが、過日開催されて、決算委員会の結論としては、まだ本会議を通過していませんが、決算委員会は議員全員参加の特別委員会ですので、本会議の採決においては、委員会採決結果と同じくなります。
 決算は、認定するのか、認定しないのか(不認定)であって、17年度の決算については採決の結果、すべての項目において“認定”されました。
 前掲のように、本会議で採決さけなければ、最終結論とはなりませんが、結果は見えています。

 さて、さて、議会においては、議員は無制限に発言出来る場合と、そうでない場合があり、余市町の議会の場合、発言時間には制限が無く、挙手回数の制限が3回となっています。
 議員全員が参加する、本会議や特別委員会は3回挙手制で行われますが、その委員会によって、さらに細分化されます。
 決算委員会の場合、一般会計歳出・一般会計歳入・各特別会計の歳出歳入と、大きく3分割される事から、それぞれに挙手が出来ます。つまり、3回の挙手のチャンスと、最大、9回までの発言が可能という事になります。

 では、各議員がどれくらい発言しているのか?という事に関してですが、3回の挙手のチャンスをすべて使い切った議員は、自分を含めて、数名しかいないのが現状です。

 経験を積めば積むほど、ある程度の事が分かるようになって来るものであり、自然と挙手回数が減って来るのも事実ですが、特に1期生議員のうちは、解からない事も多いので、なんでもイィから、『解らないから教えて〜』という内容でも、とにかく、ドンドン質問をしていかなければならないと、自分では考えています。

 まぁ、手前ミソですが、今回の決算委員会においても、質問個数が最も多かったのは私でした。
 なぜ、質問個数が多いのか?ですが、今回の場合は17年度の決算でしたので、16年度の決算委員会で質問した事項、そして、17年度の予算委員会で質問した事項も含めて、「どうだったのか?」という質問をします。
 つまり、過去の議会においても、質問していなければ、質問が出来ない。という事に繋がります。
 そして、日頃の情報収集していた事も含めて、過去の自分の質問もからめて「どうなのか?」という事を、私は質問して行きます。


 12月の定例会が終わった後に、新しいニュースを発行予定で、この中でも掲載を予定していますが、毎回の決算では、私は、保育料金に関して、強く質問をしています。
 その甲斐があって、少しずつですが、未収金は減少傾向となっていますが、相変わらず、けっして少なくない金額となっており、また、不能欠損という、いわゆる“逃げ得”で回収出来なかった金額も、けっして少なくありませんでした。

 ここで問題なのは、なぜ、議員がこの問題を追求しないのか?です。

 私は、「法的手段をもってしても、回収すべきである。回収金額と裁判費用が同額であったとしても、やるべきである。現状では、逃げ得”になってしまう」と今回も発言しています。
 
 未収金は、保育料に限らず、町営住宅の家賃等もありますが、議員が『回収して来い!』という発言は、あまり多くありません。
 議会側が決算委員会等で、『法的手段を講じても、とにかく回収せよ!!』と何人もの議員が言えば、役場側としては、法的手段をせざるを得ない状況になると思っているのですが・・・・・。


 なぜ、言わないのか?なぜ、言えないのか?は、各々のご想像に任せます・・・・が、おそらく、ご想像された通りではないでしょうか・・・・。

 『義務を果たさずして権利の主張は出来ない』と、私は、そう思っています。


 さて、だいぶ、横道にそれましたが、とにかく、12月定例会においての一般質問の内容について、募集したいと思います。

 テーマは特別ありませんが、メールにて、およせ下さい。尚、匿名メールでもかまいません。
 およせ頂いたもの、すべてが実施出来るかどうかは、分かりません。また、あくまでも余市町の事務にかかわる事項についてです。
 一例ですが、生活保護の件についても、よく、寄せられるのですが、余市町は生活保護に関しては直接事務はしておりません。北海道が直接している事務であり、余市町としては単に窓口になっているだけであり、一般質問としては、なじまなく、仮に質問しても限界があります。

 およせ頂いたものには、お返事は必ず差し上げます。

 それでは、お待ちしておりま〜す(^^)v

過去の一般質問を見る