平成15年3月15日UP
 ☆平成15年第1回定例会一般質問事項と町長答弁☆


 15年第1回定例会が始まりました。今期の定例会では一般質問を提出した議員は8名と、いつもより少なめでした。
 今回の私の一般質問は、12月定例会で、答弁拒否をされたリサイクル問題の再提出と町長の公約についての2件で、以下、質問と答弁です。
 尚、町長答弁と私の再質問以降は、その場での書き取りと記憶を呼び戻しての記録のために、不正確です。
 尚、答弁者は総て町長です。


質問月日 3月7日・金曜日 

件名1,北後志衛生施設組合業務と来年度の
                    リサイクル事業について

 昨年の第4回定例会において、私は、リサイクル事業について一般質問をさせて頂きましたが、その時の町長答弁としては、一番聞きたい箇所になると『組合の問題で答えられない』と実質答弁拒否をしておりました。
 以後、この問題については、現在に至るまで、2度の北後志衛生施設組合議会と、2度の北後志衛生施設組合議会の議員協議会が開催され、さらに、本年2月19日開催の第2回臨時会において、町長からの行政報告とし、一連の経過の報告がありました。
 この行政報告は、言わば、町長の一方的な言い分であり、その真相、並びに疑問的については未だ答えておらず、さらに、2月20日付け新聞報道では、隣町の仁木町議会においも、多数の疑問が噴出しているとの報道がなされ、この問題については、なんら解決していない事は明白であります。
 15年度のリサイクル事業については、入札にするという事が決定されて、事務的にはその通りに進んでいるのではないかと推測されますが、根本的な問題は、問題が表面化して3ケ月を過ぎようとしておりますが、解決の方向すら見えず、逆に混迷の度合いを増していると私は感じております。
 この問題については、業務としては北後衛生施設組合の事項ではありますが、資源ゴミの回収量、並びに負担金に関しても余市町が60%以上を占めており、余市町としても負担金を出している以上、町長は、組合長としての立場もあるでしょうが、これだけ新聞紙上と世間を騒がせた責任があり、この問題に対しては、町長として明確に答える義務と責任があると考え、以下質問致します。

1,現在行われているリサイクル事業について、リサイクル組合の実際の業務について余市町から見た場合、何か問題はあるのか。問題がある場合は、何が問題であるのか、具体的に示して頂きたい。
A,当初はコンテナ等の置き忘れがあり、苦情があったが、今日ではそれも無く、町民からの苦情は無い。

2,先般の行政報告の中では、『前北後志衛生施設組合助役が1億5500万円という金額について口頭約束をした』との事でしたが、その事は余市町にいつ知らされ、庁舎内で、この件に対し、どのように協議され、どのように結論を出したのか。
A,平成14年5月1日に現在の北後志衛生施設組合助役より報告を受けた。
 他の構成町村からは『9700万円でも高い』という意見がよせられた。
 庁舎内(余市町役場では)具体的に協議はしていない。

3,2月22日付けの報道では、『前北後志衛生施設組合助役が予算額を越える額を口にしたのは権限を逸脱している』と記載されていましたが、町長は、前北後志衛生施設組合助役は権限を逸脱していると考えているのか。
A,500万円以上は組合長の決済が必要であり、前助役の行為は不適切である。

4,北後志衛生施設組合の人事に関しては、余市町から出向されているのか。
A,従前より行われており、余市町からは3名が送られ、施設組合からは4名が来ている。

5,北後志衛生施設組合助役の任命については、北後志衛生施設組合議会での議決事項と聞いておりますが、だれが、前助役の推薦を行ったのか。
A,組合長が専任

6,15年度の事業については、先般開催の文教社会常任委員会で、入札にすると報告があり、さらに、2月末までに入札が行われたと聞き及んでおりますが、余市町として、入札に関してはどのような条件を衛生施設組合に申し入れたのか。さらに、入札の諸条件や入札結果については、余市町議会に報告されるものなのか。報告されないとするならば、なぜ、報告されないのか。
A,文教社会常任委員会に報告をしている。入札に関しては具体的な申し入れはしていない。

7,町長は14年度の問題について、どのように考えているのか。そして、問題解決に対し、組合に対し、どのようなスタンスで解決を求めるのか。
A,リサイクル事業はどうあるべきかという事で、最小の経費で最大の効果を求める。


リサイクル問題、再質問
 最近の町長の答弁は、言語明瞭ですが、質問した事項については、極めて中傷的に答え、意味がまったく理解出来ません。よって、再質問では、前置きは一切致しません。そして、答弁は、組合長と町長は別人格であり、町長としてお答え下さい。質問は4点です。
@この問題で、真相解明のために、余市町議会の議員協議会を開催するように、余市町議会の野呂議長と、北後志衛生施設組合長の2名に、余市町長として、両者にお願いする考えはないのか?お願いが出来ないというのであれば、その理由をも明確に答弁願いたい。
A,今日の問題は組合議会で報告済みであり、所管の文教社会常任委員会に報告しており、今後も、文教社会常任委員会に報告する。

A今後の推移を見た場合、リサイクル組合は当然、北後志衛生施設組合を訴えたる事は、明白であり、その場合、当然、北後志衛生施設組合側としても弁護士等の費用がかかり、その費用については、負担割合で、余市町としても出費しなければならないと考えますが、余市町としては、これに応ずるのか。応ずるとすれば、その理由。
A,現段階では、訴訟を受けていない。仮の話としても、余市町としては求める事にならない。

B先日の臨時会の行政報告では、1億5500万円という金額について、北後志衛生施設組合の組合長の同意はしていないが、前施設組合助役は口約束をしたという事は明確に報告されました。
 組合長は、同意をしていないという事ならば、前助役が勝手にしたいとう事で、さらに先ほど3点目の質問の答弁では『不適切』との事でありまたね。行政報告の通りとするのならば、私は、北後志衛生施設組合の前助役は背任行為をしたと考えております。余市町から見た場合、北後志衛生施設組合前助役の行為は背任行為に当たるのではないか。当たらないというのであれば、どうして当たらないのか。
A,答弁無し

C行政報告の通りとするのならば、前助役が勝手にやった行為であり、弁護士費用を含め、さらに、賠償金が支払われるとするならば、前北後志衛生施設組合助役は、余市町に被害を与えたという事になります。余市町において、出費があるとした場合、余市町としては北後志衛生施設組合、前助役に対し、弁護士費用と損害賠償金等、かかった費用、総てについて損害賠償を求めるのか筋だと思いますが、町長の見解を伺います。そして求めないとするならば、その理由も合わせて答弁を頂きたい。
A,答弁無し

リサイクル問題、再々質問
@組合長としてではなく、余市町長として議長と組合長に申し入れをしないのか?
Aリサイクル組合から3月31日をもって解雇される従業員に対し、町長は解雇される事について、どのように感じているのか。そして、解雇される住民に対し、町長として何と言葉を送るのか。
B自ら掲げた選挙公約である『町民の暮らしを大切にする町政』と『誰でも分かりやすい公平な町政』については公約違反ではないのか?公約違反では無い。というのであれば、どこがどう違反していないのか明確に説明を願いたい。
C全助役は背任ではないか
A,Bについてのみ、『税金は公平に使う』

質問後の感想
 質問している事項に対し、明確に答えないだけでなく、はぐらかしての答弁が続いており、町長の不誠実さを感じます。


件名2,町長の選挙公約について
 平成11年8月、大谷覚氏は、『今こそ余市を変える時。「民間発想」と「行動力」を持って、新しい《余市》を創り変えます。』をスローガンとし、2度目の選挙で、対立候補を破り町長という職についたのでありました。
 当時の大谷氏は選挙に出る決意とし『古い歴史を持ち資源豊富な余市が生活基盤や経済基盤などの面で他町村より随分遅れているといわれています。この遅れを取り戻すには管理型行政マン町長では難しいと思います。内部の良いものは残し古い体質は改善し新しい感覚を取り入れた体制を作らなければなりません。』と前町政に対し、痛烈な批判をし、
・町民の暮らしを大切にする町政
・誰でも分かりやすい公平な町政
・住民参加の町政、待つ行政から創る行政へ
・余市のセールスマンになって積極的に働きます。の4ッの公約と16項目に渡る具体的な提案を上げておりました。
 住民は大谷氏に対し、スローガンにあったように、民間発想とリーダーシップを期待し、投票したものと考えられ、その手腕に期待をしたのはいうまでもないと思われます。
 しかしながら、町長就任以来、議会においては、自らの失政により議会の度毎、毎回のように陳謝を繰り返し、さらには自らの責任所在をも明確に出来ず、町政の混乱と住民生活に著しい不安をあたえ続けて、さらに、今般発生しておりますリサイクル問題に至っては、余市町のみならず北後志全体に不信感を与えていると私は感じております。
 町長の定期残任期間としては、残すところ5ケ月程となりましたが、大谷町長は、自ら掲げた4ツの公約と16項目の具体策について、自らはどのように評価しておられるのか。出来た事、出来なかった事を明確にお答え頂きたいと存じます。さらには、現在の余市町政について、住民、さらに役場職員はどう見ていると考えておられるのか、町長の見解を伺います。

質問後の感想
 町長からの答弁は詳細にありましたが、あえてここでは記載致しません。
尚、最後の下り質問である、住民と役場職員はどう見ているのか?に関しては、
『厳しい時代の舵取を一生懸命やった。ご理解を頂けると思う。批判の声もあるが、一方では民間出身の町長が必要という声もある』との答弁でした。
 さらに、この項目については、町長自身の評価であり、再質問は致しませんでした。

                                      以上でした。

他の一般質問を読む