他の参加報告をみる

参加報告 平成29年11月28日UP
   
☆民生環境常任委員会、余市協会病院視察☆

 後期の委員会もスタートして、今期も自分が民生環境委員会の委員長の職をあずかる事になりました。
 委員長としての方針としては、前期と同じですが、「外に出る委員会」を目指して行きたいと考えております。
 では、具体的にどうするのか。という事ですが、町内の各施設を見て回り、そして、自らで見た事、感じた事を委員会審議で活かしてもらおう。という考えです。

 到着した時、丁度、救急車が入った所だったので、タンカが入るまで、近寄らないようにしました。
 
 ちなみに、町のマイクロバスで移動です〜


 と、いう訳で、その一環で、今回は余市協会病院へ行って来ました。この協会病院の視察は、前期も行こうと考えていたのですが、相手側の都合、また、冬期間は風邪のシーズンという事で、この時期も外さなければならず、延び延びになっていましたが、今回、ようやく、実施する事が出来ました。

 時間は病院がちょっと、暇になる、午後1時半に到着。吉田医院長以下、協会病院の幹部のみなさんのご挨拶を頂いた後、病院施設を見せて頂きました。

 最初はレントゲン室に行って、最新鋭のスキャンを見せて頂きましたが・・・価格は『他の物と合わせたので、安くなったけれども、1億円』との事でした。ちなみに、この機械の解像度としては、余市協会病院で撮影したものを北大病院でも、そのまま、使えるそうです。
 
 全員、マスクをしていますが・・・・自分のほうで、家にあったマスクを持っていき「全員着用。病院内では外さないように」と指示を出しておきました。風邪の季節始め・・・という事で、安全対策の一環ですね。

 
 次に3階のリハビリ室に移動して・・・この関係のスタッフも大幅に増員して、対応出来るようにされているそうです。

 
 また、この階には、トイレがあるのですが・・・左用と右用の二つが用意されていました。それぞれの障害に合わせて、利用出来るそうです。

 
 その後、2階の会議室に移動。
 
 吉田院長がパソコンを使って、色々と説明して下さいました。協会病院の歴史や経営状況、さらには、現在の課題の説明もありました。
 
 協会病院側の要望事項としては、単に民生部だけにとどまらず、『南2線の道路状況、雨が降ると、バス停と薬局の前の道路に大きな水たまりが出来る』との訴えもありました。
  ちなみに、協会病院を議会で訪問する。という事自体が、記憶にある・・職員も現在はいないようで、それだけ、本当の久々だったそうです。

 そういう面で、お互いに良かった事だと思っていますし、また、住民の生命を守って頂く、地域の機関病院という事で、議会としても委員会長としても、出来るだけ要望に応えて行きたいなぁ・・・と思っています。

 以上、民生環境常任委員会の現地視察でした。