参加報告 平成28年8月30日UP
    
☆平成29年度年、後志町村議員研修会☆

 議員も研修をしなければならない。という事で、各種の研修会が開催されています。
 昨日、後志議長会が主催する議員研修会がニセコ町で開催されたので、参加してきました。
 
 さて、29日の朝は、みなさん、携帯電話等の音声で起こされた方も多いと思います。 ジェイアラートの着信でした。着信は6時02分と6時14分で、政府からのエリアメールでした。

 

 
              朝7時に町長室にお邪魔しましたぁ〜
 まぁ、迷惑というか、人騒がせというか・・・メールでは『頑丈な建物に避難して下さい』とはいうものの、防空壕がある訳でもなく、現実的では無いなぁ。と感じたのは自分だけでしょうか。『窓ガラスから離れて』等の指示の方が現実的ではないのかなぁ・・・・

 で、役場に行ってみたら、担当課職員も来ていて、また、町長もすでに登庁していました。
 幸いにして、海に着弾したようですが、着弾近辺の海は・・・サンマ漁をしている地域ではないでしょうかねぇ・・・『厳重に抗議する』としても、さぁて、その効果は・・・


 
今日の羊蹄山は雲がかかっていました
 さて、研修会の方は、10時30分に町のマイクロバスで出発。1時間程でニセコ町の町民センターに到着。
 
 本日の講師は帝京大学経済学部地域経済学科 教授 内貴 滋 氏でした。
 
講演内容は 我が国の地域つくりと誇るべき地方議会
       一村一品運動 ふるさと創世 から地方創生への 
                対応・英国の経験を踏まえて

 
とのテーマでした。そして、本日の参加は後志19町村から229名の議員と議会事務局職員が参加をしていました。
 ちなみに、この研修会は昭和45年から始まり、今回で第46回目となるそうです。

 
 なかなか面白い講演で、『地方議員は住民と触れ合っているし、町のために独自の道を探してほしい』という意見であったと感じました。ちなみに、90分の予定が120分となっていました。
 
 終わって、帰路はニセコの山経由で帰って来ましたが、いゃ〜、新しいホテル等が建っていて、驚きました。
 今日は気温も低く、また、9月も目前という事で朝晩の冷え込みも厳しく、気温差によって体調も崩しがちになるでしょうから、みなさん、ご自愛くださいね〜

他の参加報告をみる