参加報告 平成29年7月22日UP
      
☆海開き&社明運動☆

 天候もパッとせず、蒸し暑い日が続いています。とにかく、暑い・・・の一言です。

 夏といえば『海』ですが、砂浜がある余市町としては、夏休み前に海水浴場がオープンします。
 そして、7月21日、9時30分から関係者が集まり海開きの安全祈願の神事が行われました。

 
 海水浴場の開設期間としては、7月21日から8月16日までの期間となっており、この間は、監視員も常駐しています。
 
 場所は浜中町で、臨時の駐車場・監視員小屋・水道水シャワー・更衣室が揃っています。
 
 年間、3万人程度の方が、この浜を訪れているそうで、今年は、暑い日が続いていることから、すでにテントを張っている方もいました。


 
 神事は、余市神社の宮司のお祓いがされ、関係者を含めて30名程度が集まり、祝詞の後、玉串を捧げての祈願となりました。
 
 祝詞の後には、海に向かってお清めがされ、各自、前に進んでの玉串。ちなみに、関係者とは、役場、観光協会、自衛隊、警察、浜中区会、出展者組合等々となっています。

 
 神事が終わってから、余市町長の挨拶という事となりましたが、当日は、総務委員会が開催中だった事から、代理で経済部長が挨拶となり、30分弱で終了しました。ちなみに、自分は、関係者ではなく、まあ、取材というかヤジ馬ですね〜


 さて、この日、7月21日ですが、夜には、『社会を明るくする運動』のミニ集会が、山田町区会の改善センターで行われていたので、行ってみました。

 
 7月は、この社会を明るくする運動の強化月間という事で、毎年、開催されており、中央地区は5か所に別けられ、5年に一回、ミニ集会が開催される事となっています。

 この団体の管轄は、法務省で、保護司会の方がメインで活動されています。
 集会の内容ですが・・・
 
 会の紹介の後、この活動の紹介ビデオの鑑賞。次に、小学生による、この関係の作文発表がされます。
 

 
 その後、校区の黒川小学校と東中学校の各校長先生が、学校の状況を簡単に説明して、警察のお話。となるのですが、所用のために、余市警察からは係の方が来なく、いわゆる『ふりこめサギ』の紹介ビデオが放映されて、1時間程度で集会は終了となりました。
 
 会場には、区会の方を中心に40名程度の方が集まっていましたが・・・いゃ〜、人が集まると、やっぱり暑い・・・ですね。

 山田町の改善センターに行ったら、ラジオ体操のポスターが掲示されていました。子ども会・保健推進委員会・区会の共催となっています。夏休みに入ったら、すぐに『お盆』ですね。一年は・・・・早いですよねぇ〜



他の参加報告をみる