他の参加報告をみる

参加報告 平成28年9月8日UP
         
☆救急医療講演会☆

 毎年、実施されていますが、9月9日は『救急の日』という事で、講演会等が開催されています。
 
 月日 平成28年9月7日 午後6時〜
 場所 中央公民館 2階
 
 さて、本日の公演は、余市協会病院の整形外科の先生の安藤先生でした。
 国境なき医師団の一員として、主に中東各国の戦地の病院に勤務をしていた事により、そのお話しでした。
 民家を改造しての手術室や狭い部屋に、患者が数十名。という事態を話してくださいました。
 
 普段、聞けない話という事で、面白かったです。

 
 町長、副町長も来場していました。二人揃うのは・・・珍しいでしょうねぇ。スライドは、現地の写真で、空爆を受けた建物等で、けっこう迫力がありました。

 講演の後は、毎回、実施されている余市消防署救急隊員により、心肺蘇生法とAEDの使い方。の実演でした。
 
 ・・・毎回、見ているので、正直、新鮮味はありませんが、見ると実技では、全然、違います。でも・・・自分は、過去において実際に心臓マッサージをした事がありますし、直接ではありませんでしだが、すぐ隣でAEDがセットされた場面に立ち会った事がありました。


 9月は、防災の日という事で、防災・救急にかかわる事業が多い月ですし、また、本当に、災害が多いなぁ・・・と感じています。
 自然災害は、押さえる事は出来ませんが、何かの場合、対処だけはして行きたいものですね。