参加報告 平成28年9月3日UP
      
☆平成28年度 明治神社例大祭☆

 異常気象が続いていて・・・9月に入っても、いゃ〜も蒸し暑い日が続いています。
 さて、入舟地区の方、また、役場を訪れる方は目にしているのでしょうが、例大祭の幟が上がっていました。
 
 と、いっても、役場前の交差点と神社入口である鳥居の所にしか、上がっていませんでしたが、今年も明治神社の例大祭が行われました。

 毎年、自分も参加しているので、この神社の経緯は、あらためて触れませんが、年々、参加者も少なくなってきていて・・・・さぁて、どうなるんでしょうかねぇ・・と思っているのが、偽らざる気持ちです。
 ただ、戦没者を祭っている神社という事では、単に私的な神社とも、言えないと思っています。
 
 鳥居を潜って、この階段を上がっては来ませんでした。頂上から降りれるところがあるので、山頂に車を停車させて、歩いて・・・きましたぁ〜

 まずは本殿での参拝前に、実質、この神社の創建というか、この神社の基礎を作った、山岸禮三の石碑の前で、玉串が行われます。
 
 この神社は、色々と石碑もあって・・・写真では見えませんが、東京オリンピック記念植樹の石碑もあって・・・うーん、まさか二度目の東京オリンピックが開催されるとは、思ってもいなかったでしょうねぇ・・

 
 戦没者の氏名を記した石碑の横にも、石段があって、上に登る事が出来るのですが・・・草刈も行われていませんし、石段も崩れていて・・・黄金に輝く石碑があるのですが・・・


 
 山岸禮三祭の後、殉国遺族会碑祭が行われ、この時は、弔辞も行われます。ち
なみに・・・本殿前の電柱は・・・昔ながらの木材電柱です。もう、こんな電柱、田舎でも、見かけないですよねぇ〜

 
 宵宮祭といっても、祝詞を上げて、玉串で終わり。参加者も少数という事で、玉串も、すぐに終わります。
 その後、宮司の講和となりました・・・・

 社殿も古くなり、今後、自然災害で倒壊すれば別ですが、社殿がある限り、また、宮司がいる限りは、一人でも大祭を行っていきます。

 との言葉が発せられました。ちなみに、戦没者で合祀されたのは、昭和22年という事で、来年、70年目と節目の年となるそうです。

 さて、3日は御本祭です。御本祭と言っても・・・祝詞を奏上して、30分程度で終わり。とう事となります。

 
 本殿から見て、左手に、演舞台があります。昔は、ここでカラオケ等が行われていたそうですが・・・今から20年くらい前の話でしょうねぇ〜

 
  明治神社の内陣の写真で・・・写したら、怒られる・・・ところ・・なんでしょうがねぇ・・・

 とにかく、無事、例大祭も終了。9月は各神社の秋祭りが行われ、10日は、三吉神社、25日は出雲神社となっています。
 秋祭りが終われば・・・季節は・・・秋となります。秋の前には・・今年は台風が襲って来るんでしょうかねぇ・・・

他の参加報告をみる