参加報告 平成28年7月23日UP
       
☆生活習慣病講演会☆

 夜はけっこう涼しいのでしょうが、日中は、チョット動くと汗ばむ季節となりました。それでも、猛暑・・とは、ちょっと違う今年の夏です。
 
 さて、町広報にも掲載されていて、ポスターも掲示されていたので、今日の午後からの講演会に参加して来ました。

 
民生部保健課は、土曜日でしたが、全員、参加??だったようです〜 まずは、受付を・・・

学ぼう・防ごう 生活習慣病
〜町民の健康づくりのための講演会〜

講演 生活習慣病予防のための食と暮らし
講師 北海道医療大学大学院 看護福祉学研究科 准教授 工藤禎子 先生

月日 7月23日 13時30分〜 
場所 余市町中央公民館301号
 
 本日の講演会は、余市町と提携したエーザイの提供もあって、袋が提供されていましたぁ〜。
 町長の挨拶の後、エーザイの道央統括部長さんが挨拶をして、講演会のスタートでした。

 

 
本日の講演は、現役の大学院の先生という事で、わかりやすい、聞きやすい講演でした。
 
 
事前に余市町の調査もされていたようで、余市町の医療費は、全道平均より50万円ほど高い、399万円となっているそうです。
 
 そして、間食が多い。という統計のようです。うーん、やっぱり、おいしいものが育つ土地柄なんでしょうねぇ・・

 
 
 さて、本日の講演会は土曜日の午後の開催。という事で、参加人数としては、あまり、多くは無かったです。でも、嶋町長も挨拶だけでなく、最後まで、講演を聞いておられました。
 余市町の国民健康保険会計も、大変、厳しい状況になって来ており、医療費の増大は、町としても頭の痛い所で、たま、特効薬は無いのが現状です。地道に健康づくりをしていかなければならない。という所が、余市町の一番の課題といれるのかもしれません。


他の参加報告をみる