他の参加報告をみる

参加報告 平成27年11月23日UP
      
☆平成27年新嘗祭☆

 今日は勤労感謝の日という事ですが、「新嘗祭」という事で、一年の収穫に感謝をする日となっています。
 ちなみに、日本国の祝日は、皇室関係の行事関係が祝日になっている場合も多いのですが、まぁ、これは、明治以後の事でしょうし、さらには、学校でも・・・教えているのかなぁ・・・

 シリパ山も、すっかり茶色になっていました。また、スキー場の跡も、分からなくなって来ましたねぇ・・・
 
 神社に到着すると、随分と人が多く・・・バスが停車していて・・・どうやら『幸福めぐり』のツアーバスのようでした。

 

 さて、神社役員には、それぞれ時期に、案内が届くのですが、自分は、仕事の関係もあって、例大祭を除いて、神社参拝に来るのは、お正月と新嘗祭の時くらいですが、傾向として参拝者は多くはありません。
 神社役員関係者の他に、参拝に来るのは・・・選挙関係に携わっている方が多い傾向です。
 ちなみに、本日は、中村代議士(代理)と市橋道議が参拝に来ておりました。
 
今年収穫された稲穂てすが・・・どこから持って来ているんでしょうかねぇ・・

 
  
お払いを受けて・・・

 

 新嘗祭の時に、いつもと違うのは・・・今年収穫された稲穂があって、また、新米で作られたお神酒が上がっています。
 このお神酒は、いわゆる『濁り酒』で、香りは甘酒のような香りですが、なめたら、
かなりアルコールが高いお酒のようでした。

 神事としては、参拝者の玉串をやって、30分ほどで終了です。大きな神社は、日付が変わってから、一日、神事をやっているそうです。

 
ビンは四号ビンで「御神酒」とラベルが貼られています。
 
 ちなみに、この新嘗祭の頃に新米が出て来て、食べる時期が、この頃だったのですが・・・・今は、なんでも早く、8月末には新米が出るようになっていて、季節感もだいぶ
変わって来ているのが、現代社会です。

 伝統と文化を守る事は・・・・難しい時代になったのでしょうねぇ・・・



オマケ・・・
 新嘗祭とは関係ありませんが  先日、太鼓の革を破いてしました・・・
 21日、小樽市で開催された、『東都21大学交流会』に参加して太鼓を叩いて、
エールを切って来ました。
 参加大学、各校に対して、エールを切るのです。前半と後半に分けてやるのですが、後半の方は、お酒も回って・・・・けっこう盛り上がっています。
 でも、他の店のお客さんから『ウルサイ』と苦情が来ないかなぁ。とヒヤヒヤものです。まぁ、自分は依頼されているだけなので〜
 ちなみに、この会には、管内では、著名な方々が参加していますょ〜
 
 え?『破けた太鼓の革はどうしたのか?』ですか?・・・実は、破けた太鼓とは違う太鼓を持って来て、叩きました。数台、預かっているものですからぁ〜 無論、今回は破きませんでしたょ(^^;)